ブライアン・スコットコー医師が11月来日!講演会に大注目!

Posted on 10月 5, 2013 by


brian_banner_dowledge-1

日本にも何度か来日し学会などで発表をしているブライアン・スコットコー医師。

ds21.infoではダウン症に関する啓発・啓蒙活動を行っている方をダウン症エバンジェリストと勝手に名付けていますが、
ブライアン・スコットコー医師はダウン症エバンジェリストとして非常に興味深い存在です。
アメリカ国内はもちろんのこと、世界中から注目される存在なのです。

2013年11月24日(日)、日本では初めて親向けの講演会が開かれることになりました。
もちろん、医療関係者、研究者も必聴な内容です。

彼がアメリカで行った調査結果は当事者や家族がダウン症に対してポジティブで、幸福度が高いというもの。
なぜ彼が医療者の枠を超え、ダウン症の当事者や家族への調査活動を行うのか、大変興味深い話が聞けるでしょう。

ブライアン・スコットコー医師の調査結果の記事はコチラ。
ダウン症のある人は自分を哀れんでいるのか?
圧倒的多数の親がダウン症の子供を持つ決断に満足

講演会の詳細はコチラへどうぞ!
http://dowledge.org/?p=72

brian_s

 



あわせて読みたい

  • 圧倒的多数の親がダウン症の子供を持つ決断に満足
  • ダウン症のある人は自分を哀れんでいるのか?
  • ダウン症の原因となる染色体の働きを止めることに成功、米研究
  • 可能性に満ちたダウン症者の人生
  • 北米ホッケーリーグNHLに欠かせない存在
  • ▲先頭へ