Archive for the ニュース・TV関連 Category

映画『わたしはダフネ』イタリアの日常から得るインクルージョンの視点

Posted on 5月 17, 2021 by

  イタリアといえば真っ先に思い浮かぶのがダウン症のサポート団体Coor Downだ。 毎年、世界ダウン症の日にダウン症のある人が暮らす現在と未来の世界を動画にして魅力的に見せている団体だ。 https://w […]

続きを読む»

ありそうでなさそうな健康や医療サイトをつくった訳

Posted on 5月 15, 2021 by

日本国内のダウン症候群に関する情報サイトは12年以上前に比べ、現在は大変充実しています。 そんな多くのコンテンツの中でも、ありそうでなさそうな分野が健康と医療に関するものです。 『ありそうでなさそう』とは、『物事がいかに […]

続きを読む»

「誰ひとり取り残さない」井田美保さんが心に決めた理由

Posted on 2月 25, 2021 by

井田美保さんは母であり、歌手、NPO法人の代表です。 今年、バディウォークナイザーはアクセプションズからNPO法人SUPLIFEにバトンが渡りました。 歌手を目指したきっかけから2021年のバディウォーク東京への想いまで […]

続きを読む»

映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』心に沁み入る日常の記憶

Posted on 2月 6, 2021 by

懐かしい。 この映画を観ながら随所に感じられる感覚。 それは、ああそうだった、こんな感じだったと、コロナ禍前に普通に感じていた日常の喜怒哀楽、その感覚そのものである。 舞台は中国・杭州市、富陽(フーヤン)。 大河、富春江 […]

続きを読む»

コロナ禍の日常(カナダ/ブリティッシュ・コロンビア州編)

Posted on 7月 2, 2020 by

Instagramで知り合ったカナダ在住の有末さん。ブリティッシュ・コロンビア州でダウン症のある子供を育てています。 そんな有末さんにカナダのダウン症のお子様を取り巻く環境、コロナ禍での日常をお伺いました。 https: […]

続きを読む»

コロナ禍で密なコミニケーションを表現する姉

Posted on 6月 11, 2020 by

2021年に公演を予定している詩劇「響きと怒り」。 この詩劇は『オンライン時代に“密”を感じる演劇プロセスプロジェクト』。 現在、制作が進められる舞台の主宰は万里紗(女優)と野宮有姫(詩人、企画団体シックスペース主宰、青 […]

続きを読む»

ダウン症とウィルス感染

Posted on 2月 23, 2020 by

日々、新型コロナウイルス感染症についてマスコミやネット上に、はっきりしない情報が増え、さらに不安になっていきます。 ダウン症に詳しいと自負している私でも新型コロナウィルス感染症とダウン症のある息子の関係性はわかりません。 […]

続きを読む»

オールブラックスのバレット三兄弟

Posted on 10月 21, 2019 by

2019年、日本で開催するラグビーワールドカップ日本大会で前人未踏の3連覇を目指す「オールブラックス」ことニュージーランド代表。 そんな絶好調のオールブラックスを支えるのは、ボーデン(28)、スコット(25)、ジョーディ […]

続きを読む»

ナウでクールなインターネット写真展『夏のOYABAKA展 2019』

Posted on 8月 14, 2019 by

現在、ナウでクールなインターネット写真展、DS-OKINAWA主催『夏のOYABAKA展 2019』が開催中です。 2015年、『暑い、暑すぎる、ということで、この夏をのりきるインターネット写真企画をつくろう!』と意気投 […]

続きを読む»

ダウン症に関連するGoogle検索数推移を調べてみた

Posted on 8月 14, 2019 by

当事者の家族や親類の方、当事者以外の方はマスコミで見て、ちょっとした好奇心などで『ダウン症』や関連するキーワードで検索することが多いと思います。 2015年に書いた『グーグルトレンドでみる10年間の検索動向(ダウン症、自 […]

続きを読む»

手帳を持って出かけよう!(涼しいところ@東京)

Posted on 8月 13, 2019 by

暑い日が続く夏。お出かけしようにも親子で疲弊してしまうことを考えると、なかなか外出できませんよね。 療育手帳を持っていれば当事者と同伴者が割引や無料になるなど、親子で楽しめる施設のご紹介です。 そこでDS21.infoが […]

続きを読む»

日仏のマインドフルな日常を捉えた冊子

Posted on 3月 21, 2019 by

アメリカの心理学の研究によると、人間は1日におよそ6万回の思考をするそうだ。 人間は誰しも、いまこの瞬間を生きているが、その心はこの瞬間に向き合っているだろうか。 この冊子はそんなことを考えさせてくれた。 フランスと日本 […]

続きを読む»

 
▲先頭へ