世界中のアートコミュニティで知られるベルナデット

Posted on 6月 29, 2011 by

ベルナデット・レシャはアメリカ・テネシー州ナッシュビルで生まれ、
今では世界中のアートコミュニティで知られる存在になりました。

彼女は子供の頃から多くのギャラリー、博物館、コンサートホール、舞台に足を運び、
アート界や世間で知られるようになりました。

小さい頃から絵を描くことを学んできた彼女にとって、
絵画とは自己表現の一部であり、癒しの手段でした。
そして、独自のスタイルを持ったアーティストにになりました。
現在、彼女の作品は多くのギャラリーで販売されています。

ベルナデット・レシャは言います。
「私のゴールは自分の(アートの)技術を増やすことです。
3Dの絵を描いたり、照明、陰影の手法を学びたいです。」

アートはベルナデットの人生に不可欠なもなのです。

彼女の作品はペプシの缶のパッケージにも選ばれたこともあります。

彼女はアートのみならず、
スペシャル・オリンピックスのスポークスマンや映画ガンモ(Gummo)では女優として登場。

アメリカで一番有名なダウン症俳優「クリス・バーグ」とも交流。

私生活では2007年に同じダウン症の男性パットマンと結婚しました。
二人は可能なかぎり家族から離れ、独立した生活をしています。

ニュースソース:ベルナデット・レシャ(Bernadette Resha)公式サイト

 




あわせて読みたい

  • 他の子と同じように扱ってあげる大切さ
  • ダウン症のあるイギリスのアーティスト、ジョージ王子に絵をプレゼント
  • アートにダウン症は関係ない
  • 自分を変えるために闘うダウン症ファイター
  • ジャスティン・ビーバー、ファンの夢を叶える
  • ▲先頭へ