他の子と同じように扱ってあげる大切さ

Posted on 9月 2, 2013 by

シャーロット・ローゼンは他の17才の女の子と変わりません。

Father moves heaven and earth for Charlotte

彼女は学校で友達と遊ぶのが好きです。
大好きな本はHunger Games、
スーパーマーケットでアルバイトもしています。

しかし、彼女は他の女の子と違う点があります。
それはダウン症がある、ということです。

父親は言います。
「私たち夫婦は娘シャーロットにできないことはない、と制限を設けませんでした。」
「私たちが見るかぎり娘が他の子供と違う部分はありませんね。」

シャーロットが4歳のとき、
世界的に有名なダウン症候群研究者(スー・バックリー教授)のサポートを受けるため、
両親とともにニュージーランドからイギリスへ引っ越しました。

引っ越して3週以内にシャーロットは文章を読み、書くこともできるようになりました。

その後、ニュージーランドへ戻り学校へ通い、なんとかシャーロットはついていきました。

現在、彼女はクライストチャーチの Rangi Ruru Girls’ Schoolへ通い、
NCEA(National Certificate of Educational Achievement・全国共通学力試験)のレベル1を通過し、レベル2を目指しています。

父親は言います。
「いま娘は大学に行きたいと考えています。先週、いろいろと家族で議論しました。
大学にいくことは目的じゃなくてもいいのではないかと彼女に話すと、
『そうね、とりあえず進級しなくちゃね』と答えました。」

「一部の人は他の子供と違っていることを受け入れられず、乗り越えられません。
しかし、それを乗り越えれば、次のことにトライできるのです。」

ニュースソース:Father moves heaven and earth for Charlotte

 




あわせて読みたい

  • 癌を克服したダウン症のある子供
  • ブロックを使って遊ぶ楽しみを早い段階で経験できそうなブロック
  • 学校初日を笑顔で迎えた双子
  • ダウン症のある人のための観光ガイドブック(アイルランド編)
  • テイラー・スウィフトに会いたい!
  • ▲先頭へ