学校初日を笑顔で迎えた双子

Posted on 9月 10, 2015 by

s_Twin-credible1

イギリスのランカシャー州チョーリーに住む2011年6月に生まれたアビゲイルとイソベルはダウン症の双子です。
ダウン症のある一卵性双生児が生まれる確率は200万分の1。

現在、4歳の二人は学校初日を笑顔で迎えました。

父マットは言います。
「二人が生まれたとき、普通学校(mainstream school)に通えることを知りませんでした。」
「つまり、その時の私たちはダウン症の理解が足りなかったのです。いまも多くの人が誤解を持っています。私たちの取り組みによってその誤解を取り払いたいと思っています。」

二人は主に手話を使ってコミュニケーションをとります。
同年齢の子供の語彙と同じくらい二人は手話の表現ができます。

s_Twin-credible2

ニュースソース:
Twin-credible! Two-Million-To-One Down’s Syndrome Sisters Celebrate First Day Of School – Yahoo News UK
https://uk.news.yahoo.com/twincredible-two-million-one-twins-103731997.html

 




あわせて読みたい

  • 心臓手術キャンペーンで救われる命
  • ドキュメント映画「モニカとデビット」ダウン症の愛の物語
  • 幸せな結婚
  • カナダの Hawrelak Parkで開かれたバディ・ウォーク
  • 成人のダウン症のある人の教育ニーズに特化したNPO
  • ▲先頭へ