自分を変えるために闘うダウン症ファイター

Posted on 3月 26, 2013 by

Garrett's Fight1

ガレット・ホルブ(23歳)は総合格闘技の団体MMAに所属、
マーシャルアーツのファイターです。

小さい頃はバスケ、野球をやっていたガレット。
マーシャルアーツと出会ったことで人生が変わりました。

彼は自分を変えるために毎日激しいトレーニングを行い、試合に臨みます。

なぜ、あなたは戦うのでしょう?との問いに彼は答えます。
「闘うことで幸せになるんです。本当に気持ちがいいですよ。」
「闘いは自分を変えてくれるのです。」

Garrett's Fight2

普段は全米でもトップクラスのジムでマーシャルアーツのトレーナーとして子供たちを指導。

父親は言います。
「ダウン症として生まれた時は不幸だと思いましたが、いまは違います。」
「私たちのゴールは、息子のように格闘技をやってみたいスペシャルニーズの子供に機会と場を提供することです」

※どちらの映像も必見です!本格的な格闘技をするガレットは輝いています!

ニュースソース:
Garrett’s Fight(ESPN)
ガレット公式サイト

 




あわせて読みたい

  • 障がい者スポーツのロールモデル(総合格闘技編)
  • 11月8日、格闘技界に新たな歴史が刻まれる!
  • 格闘家ガレットが闘えるよう署名を!
  • 息子のアイデンティティを維持する努力
  • 世界中のアートコミュニティで知られるベルナデット
  • ▲先頭へ