幼なじみと結婚!幸せのブーツ

Posted on 4月 7, 2014 by

custom-boots-Western

アメリカ・テキサス州にとって画期的で祝福される出来事、
それはオースティン・ウェインはガールフレンド、ジェシカ・スミスにプロポーズしたことです。

二人にはダウン症があります。

障がいのある子供のためのサポートグループを通じ、二人が初めて会ったのは3歳のとき。
すぐに二人の友情は強くなり、現在では30代半ば、結婚式の計画に大忙しです。

二人の恋愛は双方の家族から歓迎されています。
二人の両親はともに子供を通常級に通わせるために戦ってきました。
オースティンの母ヤン・アンダーウッドは、通常級の高校に息子を進学させるために学校制度と戦い、ダウン症の学生が通うニューメキシコ州の学校を探しました。結果、オースティンは学生生活を経験できました。

母ヤンは言います。
「人々はいつも障がいのある人を隠そうとします。わたしたちはいつも少年として扱い、障がいは二の次でした。息子は普通の生活を送ってきました」
オースティンに普通の生活をさせるという母親の決断は、息子がジェシカという婚約者と結婚することで報われました。
結婚式はダラスにあるブドウ園で西洋式に行われます。

2012年のクリスマス直前、オースティンはジェシカにプロポーズ。
彼はリムジンを借り、デートに出かける前に片膝をつき、ダイヤの指輪をプレゼントしました。

二人は「Save The Date(セーブザデート)」という婚約したことを知ってもらうDVDを制作し、友人や親族に送りました。
結婚式に向けカスタムメイドのカウボーイブーツもつくりました。

母ヤンは言います。
「オースティンとジェシカの足は短く、幅が広く小さいのでブーツを履くことは大きなチャレンジなのです。」

新郎のオースティンは言います。
「(ブーツを履くことは)私にとって、ジェシカの人生の一部であり、いつも一緒であることを意味しています。」

ニュースソース:
Childhood sweethearts who both have Down syndrome to marry nearly 30 years after their mothers met at support group for children with disabilities

 




あわせて読みたい

  • 二人の出会い、そして結婚までの道のり
  • 双子の卒業式
  • 幸せな結婚
  • 結婚:トラヴィスとステファニーの場合
  • ブルース・リーへの誓い
  • ▲先頭へ