息子の夢を実現させる母の行動力

Posted on 10月 5, 2011 by


面白い本を紹介されました。
「ぼくはダウン症の俳優になりたい」

さらりとしてテンポのいい文章、あっという間に読み終えました。
さわやかな読後感です。
著者はAERAや育児雑誌にも記事を書くフリーライター。

当サイトでも母の気づきや想いが子供の将来を良い方向に変えてしまうという記事を何回かご紹介しましたが、この本の著者も息子さんの才能を開花させるために様々な試みをしています。

生後7ヶ月でダウン症と診断。
その後、悩むなかで出会ったカンヌ映画祭受賞作品「八日目」。
そして、ダウン症者は表現手段として演技が優れているという発見。
その後、息子の夢を実現させる母の行動力。
ときには転んで、ときには家族で笑って、どんどん夢を叶えていく。
最近、話題になったドラマ「生まれる。」に出演したダウン症俳優・高井萌生さん。
彼を輩出した「ケイプランニング芸能部 子どもSPクラス」創設のエピソードも面白かったです。
まだまだ夢の実現ははじまったばかり。
今後が楽しみです。

とても元気になれますよ!

ぼくはダウン症の俳優になりたい [単行本] ぼくはダウン症の俳優になりたい [単行本]
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:1728円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp
 



あわせて読みたい

  • 父と息子、1000マイルのパタゴニアへの旅
  • 暗闇からの脱出(世界ダウン症の日2015)
  • 感動的なフィルム「Dreams」
  • ダウン症者の純粋な心が他の人を救ったという映画
  • 無条件の愛を教えてくれた息子
  • ▲先頭へ