Posts Tagged 映画

ダウン症のある子どもの父が観た映画『いろとりどりの親子』

Posted on 8月 23, 2018 by

  正しい人生、ってなんだろう。 自分の趣向を変えずとも世界のどこへ行っても同じものが食べられ、飲むことができ、気持ちを変えず、落ち着いていられることが可能になった。 果たしてそれは正しい人生なのだろうか。 こ […]

続きを読む»

中高年のダウン症のある人々のドキュメンタリー

Posted on 8月 16, 2017 by

2016年に米エミー賞を受賞したダウン症のある若者のリアリティ番組 Born This Way。 プロデューサーのジョナサン・マレーは、受賞後のインタビューでこう答えています。 「この番組の考えのなかで、私たちは障がい者 […]

続きを読む»

コミカルなロードムービー『Learning to Drive』

Posted on 7月 31, 2017 by

車の免許を持っていないダウン症のある弟マイケルに兄レッドが車の運転を教える実話に基づいたロードムービー『Learning to Drive』。 二人は亡き母の遺灰をグランドキャニオンで撒くため、アメリカ・アリゾナを車で走 […]

続きを読む»

ダウン症のある俳優、初のアリエル受賞

Posted on 7月 14, 2017 by

メキシコの映画製作本数は多く、世界でも製作数の多い20ヵ国の中に入るそう。 そんな映画産業が注目するのが『アリエル賞』。 メキシコ映画芸術科学アカデミーがメキシコ映画の健全な発展を目的に、監督、俳優、スタッフを表彰し、そ […]

続きを読む»

遂に!あのゾンビ映画のワールドプレミア開催

Posted on 6月 16, 2016 by

以前ご紹介したダウン症のあるサムとマッティがクラウドファンディングで資金調達して制作したゾンビ映画が遂に完成。 映画のタイトルは「Spring Break Zombie Massacre(春休みのゾンビ虐殺部隊)」。 7 […]

続きを読む»

映画デビュー from フィリピン

Posted on 3月 8, 2016 by

フィリピンに住むパオロ・ピンゴルさん(24歳)の夢は俳優になること。 彼は国内のマクドナルドのCMに出演経験がありますが、本格的な映画デビューは今回が初めて。 夢が叶いました。 映画のタイトルは「Star na si V […]

続きを読む»

命は親から与えられるもの、幸せは家族でつくるもの

Posted on 2月 10, 2016 by

最近は利益や売上げばかりを考える時代から個人が立ち止まって幸せを考える時代に変化しているように思います。 そんな時代の空気感に奥行きを与えてくれる映画「Given~いま、ここ、にあるしあわせ~」をご紹介します。 個人が幸 […]

続きを読む»

ジェローム・ルジューヌのドキュメンタリー映画

Posted on 1月 14, 2016 by

「ダウン症候群」の名称はイギリスの眼科医ジョン・ラングドン・ハイドン・ダウン博士の名前が由来です。 突然ですがクイズです。 ダウン博士は次の写真のうちどちらでしょう? 正解は左の人物です。 右の人物はジェローム・ルジュー […]

続きを読む»

知的障がい者の法制度を扱った映画

Posted on 11月 28, 2014 by

毎年12月3日は国連が定めた国際障害者デーです。 アイルランド・ダウン症協会とインクルージョン・アイルランドの2団体は、2014年12月3日の国際障害者デーに合わせ映画「サンクチュアリ(Sanctuary )」を公開しま […]

続きを読む»

3年の構想を経た10代のゾンビ映画

Posted on 11月 11, 2014 by

サムとマッティは10代のゾンビ映画を制作する為、クラウドファウンディング「Kickstarter」で資金調達を開始。 9日間で2万ドル以上の資金調達に成功しました!ゴールの5万ドルまで折り返し地点です。 アメリカ・ロード […]

続きを読む»

第二次世界大戦の最後の日を描いた短編映画

Posted on 11月 6, 2014 by

2013年、2014年、世界中の映画祭で28以上の賞を受賞した短編映画「Menschen」。 「Menschen」とはドイツ語で人間の意味です。 サラ・ロトフィ監督の弟や妹にはダウン症や自閉症があり、そこからインスパイア […]

続きを読む»

結婚:トラヴィスとステファニーの場合

Posted on 10月 16, 2014 by

「You & I」は12分間の短編ドキュメンタリー映画です。 監督はEmma Zaiachkowski。 Emmaは言います。 「多くの場合、結婚は成人の生活の中で社会的慣習のステップですが、トラヴィスとステフ […]

続きを読む»

 
▲先頭へ