ニューヨークでアート展

Posted on 6月 23, 2017 by

アメリカ・ヒューストンに住むダウン症のあるアーティスト、エズラ・ロイさん(29歳)
がクリエイティブパートナーである父アルビンさん(60歳)とともにニューヨークでアートの展示会を開きます。

父アルビンさんは言います。
「多くの人が訪れるとは思いませんが、可能性を感じてもらえたら」
「最初に息子の障がいを聞いたときの反応は、深い悲しみでした。25分、泣き続け、息子を見て、直面していることを理解しました。私はこの状態を受け入れ、(息子が)他の人と同じように社会に溶け込むようにしようと心に誓いました。」

動画も観られますので、ニュースソースにもぜひアクセスしてみてください。

ニュースソース:
Houstonian artist with Down syndrome to exhibit at New York gallery – Houston Chronicle

参考)
The Jazz Gallery | An international jazz cultural center in NYC

 




あわせて読みたい

  • 無条件の愛を教えてくれた息子
  • 卓球の世界大会でトルコ初となる金メダル
  • アート界のマイケル
  • スカイダイビングに夢中なダウン症青年
  • ダウン症のあるイギリスのアーティスト、ジョージ王子に絵をプレゼント
  • ▲先頭へ