2016年 ダウン症関連ニュース振り返り

Posted on 12月 18, 2016 by

2016年も様々なことがあった一年でした。
皆様にとってどんな一年だったでしょうか?

DS21.infoで取り上げた話題を中心に今年を振り返ってみます。

1.『Born This Way』がエミー賞受賞

リアリティ番組『Born This Way』の放送開始は2015年12月8日。
南カルフォルニアに住む7人のダウン症の若者が地元のレクリエーションセンターで出会い、その関係を通じて友情、恋、仕事などに情熱を傾けるドキュメント番組。

2016年4月には複雑な問題に取り組み、社会への変革をもたらしたTV作品に贈られる米テレビアカデミー賞(Television Academy Honors)を受賞。

その勢いは止まりませんでした。
最終話の視聴率は初回に比べ83%もアップ。当事者以外の視聴者の心をとらえました。

7月にはテレビ界のアカデミー賞とも称さるエミー賞にノミネート。
シーズン2が7月26日から開始と、まさにノリに乗っていました。

DS21.infoも賞レースを分析。

そして、9月、Born This Wayがエミー賞を受賞!素晴らしい!

Born This Wayに出演するエレナ(英玲奈)・アッシュモアさんは、父がオーストラリア人、母が日本人。
そんなご縁もあって来日し、テレビ朝日の報道ステーションでも取り上げられましたね。

2.バディウォーク東京が5周年!九州初のバディウォーク長崎!

記憶に新しいところで、日本各地のバディウォークの盛り上がり。

バディウォーク東京2016では日本初!ダウン症のあるキャラクターが登場したり、渋谷の街中を歩いたり、
DS21.info的には未来がやってきてしまった感じです。

3.今年の新しいこと

今年もダウン症の世界ではたくさんの新しいことがありました。

最後に

今年一年、ご愛読いただいただみなさま、誠にありがとうございました。
2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

来年は今年よりももっと多くの人がダウン症のある人の魅力を知り、
ダウン症のある人がもっともっと住みやすい社会になることを願っております。

愛で世界を変えましょう!

それでは少し早いですが、よいお年を!

 




あわせて読みたい

  • Born This Wayがエミー賞を受賞!
  • ダウン症の若者のTV番組、米テレビアカデミー賞を受賞
  • グラミー賞歌手シェールのPVにダウン症の女性登場!
  • Born This Way エミー賞受賞によって変わる未来
  • ドキュメンタリー「モニカ&デイビット」がエミー賞2011にノミネート
  • ▲先頭へ