劇団「the BORN TO ACT PLAYERS(生まれつきの役者集団)」

Posted on 12月 29, 2010 by

m2m-grp-a32

以前、「アメリカで活躍するダウン症俳優」でも紹介した「ブレア・ウィリアムソン」も所属する劇団「the BORN TO ACT PLAYERS(生まれつきの役者集団)」を紹介します。
毎週土曜日、ロサンゼルスの劇場で公開稽古や舞台をおこなっています。

公式サイトからの引用です。

・ミッション
「the BORN TO ACT PLAYERS(生まれつきの役者集団)」のミッションは演技を学ぼうとする知的障害者を支援し、舞台を通じて演技力を育てます。

・ヒストリー
二人の若いダウン症のある人と出会ったことがきっかけでした。
二人とも演じることが好きで、一人は母が俳優とドラマの監督をしており、
もう一人はプロの俳優として天性の才能がありました。
そして1996年、ハリウッドの北部にある小さなスタジオで、
この若者を含めたダウン症のある人たちと劇団を立ち上げました。

現在は主催者のメアリー・リングスやプロの俳優たちが毎週教えています。
場所もロサンゼルスのバレーカレッジへ移転。
多くのメンバーが障害の有無にかかわらず俳優として活躍しています。
メンバーはドラマ「ER:緊急救命室」、「ガーディアンズ」、「CSI科学捜査班」、「Family Law」、「Any Day Now」などに出演。


[]

 




あわせて読みたい

  • ハーフマラソンを完走した二人のダウン症女性
  • 母の日のプレゼントにママ限定クルーズの旅
  • 北米ホッケーリーグNHLに欠かせない存在
  • ロサンゼルス・ダウン症協会(DSALA)が主催する第16回バディ・ウォーク&フェスティバル(11/14)
  • 夢は叶う:ある女優の生き方
  • ▲先頭へ