スペシャルズ:愛と青春のシェアハウス

Posted on 12月 9, 2010 by

最近、日本でも流行りのシェアハウス
素敵なシェアハウスがイギリス・ブライトンにあります。

サム、ヒリー、ルイス、ルーシー、メイガンの5人が住む生活はインターネットのドキュメンタリー型バラエティー番組(docusoap)「スペシャルズ(The Specials)」でも放映。

5人の年齢は19から23歳、4人はダウン症、1人はウィリアムズ症候群です。

この作品は2010年、インターネットのノーベル賞と呼ばれるウェビー賞(Webby Awards)を受賞しました。
5人全員がニューヨークへいき授賞式にも出席しています。(出席の様子はこちら

内容は青春ど真ん中、恋あり失恋ありで、ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」など学園ものを彷彿とさせます。
しかし、ドラマではなく現実に起こっているのだから面白いです。

シェアハウスには9人の専属サポーターも同居しており、24時間体制で問題があった場合、対応できるようになっています。

「スペシャルズ」誕生のきっかけは出演するヒリー自身が友人と共同生活をしたいと希望したのがはじまり。
それを聞いたヒリーの両親は、反対する理由もないことから同じ希望者を募り2007年からシェアハウスを開始。
若者らしく自由に生活できるようにと考えた結果でした。

(ヒリーの両親)キャロルとダフィーの目的はヒリー、サム、ルイス、ルーシー、メイガンの5人が自分たちのやりたいよう自由に生活させてあげることでした。

学校へ行き仕事を探したり、午前3時までクラブで踊ってデートしたり、彼らが自由でいられるように両親とサポーターは5人を支援するのです。

公式サイト

The Specials – Episode 1

http://www.youtube.com/watch?v=T8Qa9t_ZfYU

The Specials – Episode 2

http://www.youtube.com/watch?v=m68FtH_iI_o

[]

■参考URL

The Specials公式
The Specials(youtubeでの全エピソード)
The Specials(Facebook)

 




あわせて読みたい

  • ダウン症のテクノDJ
  • グラビタリウムで指に吸着?
  • 40%の障害者雇用を実現した企業
  • 木のスロープおもちゃで「くるくるチーン」
  • ダーウィンとダウン症
  • ▲先頭へ