女優ヴァネッサ・パラディと共演したダウン症俳優

Posted on 5月 14, 2012 by


フランスの歌手・女優であるヴァネッサ・パラディ主演の映画「Cafe de Flore」にダウン症俳優が出演しています。

過去と現在、2つの物語が交差する展開。

過去の舞台は1969年、フランスのパリ近郊。
ヴァネッサ演じるシングルマザーのジャクリーンはダウン症の息子ローラン(マリン・ゲリエ)を育てています。

もう一つの舞台は現在のカナダのモントリオール。
世界的に成功したDJアントワン(ケヴィン・パラン)が新しい女性をつくり妻のもとを去っていきます。

映像と音楽の構成が素敵な作品とのことで、2012年3月の沖縄国際映画祭でも公開されたそうです。

監督のジャン=マルク・ヴァレはカナダ、フランス、ベルギー、スイスなど、
フランス語圏に住むダウン症の子を4ヶ月くらい探し続け、
ローラン役のマリン・ゲリエを見つけたとか。

物語の中でローランはダウン症のガールフレンドができるみたいです。

http://www.youtube.com/watch?v=L3re96qzTMw

情報ソース:
Film Review: ‘Cafe de Flore’
『カフェ・ド・フロール』特別上映
カフェ・ド・フロール(感想)
頭で考えずに心で!ケヴィン・パランさんが『Cafe de Flore』の楽しみ方を語る

 



あわせて読みたい

  • 写真展「最純的人」in 香港
  • 歌手シェリル・クロウがダウン症啓発イベントに参加
  • 20代の恋心と苛立ちを描いた映画
  • 妄想世界旅行!「世界ダウン症の日」特別サイト2015
  • リヴァプールFCのスターに股抜き
  • ▲先頭へ