ダウン症と老齢化の調査・研究

Posted on 1月 21, 2015 by

downsyndromedirections

アメリカ連邦政府機関はダウン症候群の研究の優先順位を微調整し、ダウン症のある人々の晩年とそれに関連する健康状態について新たな研究項目を追加しました。

理由は数十年前に比べダウン症のある人の寿命が延び、老齢化した人たちの状況や治療方法を研究・調査する必要が出てきたためです。

日本の厚生労働省に相当するアメリカ国立衛生研究所(National Institutes of Health、NIH)発行のダウン症候群に関する研究計画で初めてのアップデートとなります。
このレポートは2007年から毎年発行され、2014年12月に出された2014年のレポートで「ダウン症と老齢化(DOWN SYNDROME AND AGING)」が追加されました。

downsyndrome_and_aging

■「ダウン症と老齢化(DOWN SYNDROME AND AGING)」

【1】(ステータス:進行中)

生理学と認知過程においてダウン症のある人がその他の人よりも高齢化の影響が大きいかどうかを研究しています。この調査は異なった点を強調しつつ長期的な研究期間が必要とされます。この研究は例えば以下の内容を含んでいます。

・ダウン症と認知症の人口。
⇒このグループは異種である可能性が高く、認知機能障害やアルツハイマー病と診断されていない初期段階の人々を(調査対象として)含んでもよいでしょう。

・認知症のリスクに影響を与える要因。
⇒一部のダウン症のある人は60代後半までに認知症を発症しません。この研究を明らかなものにするために、研究者もダウン症のある人に対する認知症の臨床経過の理解・解釈を改善する必要があります。

・ダウン症のある人々における老化による器官系(消化器、循環器など)への異なる影響。
⇒例えば骨量と慢性的な炎症状態の変化。

・ダウン症のある異なる年齢のグループや(統計的な)部分母集団における生活要因の検討を含めた老化パターンのバリエーションの調査。

【2】(ステータス:進行中)

補完・代替医療製品、運動、食事療法(ダイエット)やスタチン(血液中のコレステロール値を低下させる薬)の使用歴を含め、高コレステロールレベルのダウン症のある人々のリスクが低下したのかなど、加齢に伴う認知症の防御因子や影響を調査します。

【3】(ステータス:進行中)

ダウン症の女性が閉経後に使用するホルモン補充療法(HRT)の具体的な影響を調査します。一般的な発達の女性と比べダウン症のある女性は若い年齢で閉経し、認知症のリスクが増加します。この研究は、閉経後のホルモン補充療法(HRT)がアルツハイマー病のリスクを低下させるかどうかを調査する目的であり、有効であれば閉経後のHRT使用に最適な時間や期間を知ることができます。

【4】(ステータス:進行中)

(ダウン症のある人の)独立やコミュニティのインクルージョンを最大化するために保護する(医療、知的、社会的、家族性)要因を特定します。以下の研究が含まれる場合があります。

・高等教育、雇用、ボランティア活動でダウン症の個人と生活要因など密接な関係などの調査

【5】(ステータス:進行中)

ダウン症のある人の寿命が伸びているため、彼らを世話をする家族の影響を調査します。以下の研究が含まれる場合があります。

・ダウン症の個人を含む家族における効果的な作用や努力につながる要因を特定すること。

・学校というシステムを終えた後のダウン症の個人を含む家族への影響。

・(アルツハイマー病の発症を含む)健康状態や両親ときょうだいの寿命の調査、きょうだいの健康と教育水準の調査、(家族の)世代間で(ダウン症の個人に対する)介護責任がどのように伝わるか、どのような影響を受けるか、どのようにすればベストな養育ができるかの調査。

ニュースソース:
Feds Put New Focus On Down Syndrome
http://www.disabilityscoop.com/2015/01/20/feds-focus-down-syndrome/19976/

アメリカ国立衛生研究所のレポート(2014年)
http://www.nichd.nih.gov/publications/pubs/Documents/DSResearchPlan_2014.pdf

 




あわせて読みたい

  • ダウン症のある人のための最初の薬がテストフェーズへ
  • 脳内タンパク質を増やすことで認知機能と行動改善の可能性
  • ダウン症と白血病の関連性を遺伝子で発見
  • ダウン症と認知症
  • ダウン症の子供を持つ夫婦の離婚率が低いという調査報告
  • ▲先頭へ