重量挙げオリンピック代表

Posted on 2月 21, 2011 by

show-tracks-marrs-road-to-athens

クレイトン・マーは実家の仕事を手伝いながら、重量挙げに打ち込んでいます。
ニュージーランド・西ワイメア出身の彼は地元のテレビ番組「Attitude」に取り上げられました。
この番組は障害とともに生きる障害者の姿を取り上げる内容で、
現在まで200以上のエピソードを放映しています。

クレイトンは2011年6月から7月にかけて開催されるスペシャルオリンピックス・アテネ大会に出場。
重量挙げのニュージーランド代表選手に選ばれました。
番組では彼のトレーニングだけでなく、仕事や社会生活にも迫っています。

2009年、クレイトンはニュージーランドのダウン症のある人として史上2人目の運転免許証を取得しました。

番組制作者は言います。
「番組のコンセプトは、障害者自身が成し遂げる凄いことや素晴らしい生活を送っていることを視聴者に伝えることです。」
「私たちはクレイトンのスペシャルオリンピックス・アテネ大会出場をサポートしますよ。」

ジムでトレーニングするクレイトンの靴には名前が刺繍され、
背中にはニュージーランドの国旗がプリントされています。
現在、彼は週3回のトレーニングを行っています。

重量挙げの競技はスクワット、デッドリフト、ベンチプレスの3種目で構成されます。
クレイトンはこれらの67.5kg以下の階級に出場予定です。

ニュースソース:Show tracks Marr’s road to Athens

[]

 




あわせて読みたい

  • オリンピック:夢の大舞台
  • 「ダウン症スクリーニングプログラム」中止を訴えるグループ
  • タトゥーシールで笑顔に
  • 新型の出生前診断の普及が加速か?
  • アメリカ中部で最も強いハートの持ち主
  • ▲先頭へ