オリンピック:夢の大舞台

Posted on 12月 10, 2010 by

edsolympicdream

オリンピックの大舞台が、ニュージーランドのエドワード・ボーキン(31歳)を呼んでいます。
それは彼が住む地域では誰も経験したことのない挑戦です。

2011年6月に開催される第13回スペシャルオリンピックス、ギリシャ・アテネ大会。
ニュージーランド代表は18歳から58歳までの36選手、彼はその一人です。
ダウン症のエドワードは大会に向け興奮しています。
「まだオリンピックに出場できることが信じられないんです。」
「だけど、きっとうまくいきますよ。」

所属するスイミングクラブでは、大会に向けて50mの背泳だけではなく、100mと200mの自由形のトレーニングを強化する予定です。
彼は週1回だったトレーニングを4回に増やし、技術に磨きをかけます。

今回、男性26名、女性10名の代表選手を選考するにあたって、競技能力だけでなく、ガッツや適応性も基準として考慮されました。

エドワードの父ジョンは、息子は前向きな性格だと言います。
しかし、エドワードは飛行機での長時間の移動に耐えなければならず、1ヶ月間、なじみのないギリシャで生活をしなければなりません。

アテネ大会は2011年に開かれるスポーツイベントとして最大規模。
185ヶ国から7500人の選手が22の種目へ出場します。
そして、それを支えるのは2500人のコーチ、3000人の大会事務局と審判員、25,000人のボランティアです。

6月14日にエドワードとチームは冬のニュージーランドを離れ、うだるように暑い地中海へ向かいます。
まずはアテネから100km離れたギリシャのルートラキで5日間のトレーニングキャンプ。
そして6月25日、開会式前にギリシアの文化や生活習慣になじむため、ロードス島で5日間過ごします。

スペシャルオリンピックスのニュージーランド最高責任者キャシィ・ギブソンは、エドワードは大きな成果を出すと言います。
「世界的なスポーツイベントで競技することは素晴らしい経験になります。参加選手にスペシャルオリンピックスで何が好きかと尋ねると、みんな口をそろえてチーム内の友情と各国との交流だと言います。」

両親は息子をサポートするため同行したいと考えています。

エドワードは言います。
「大会ではベストを尽くしますよ!」

ニュースソース:Ed’s Olympic dream

 




あわせて読みたい

  • 重量挙げオリンピック代表
  • アメリカ中部で最も強いハートの持ち主
  • 2011年のスペシャルオリンピックスを目指す豪のダウン症青年
  • ロン・ジョン・サーフチームに参加した選手
  • 念願の運転免許取得!
  • ▲先頭へ