ダウン症のフラダンサー

Posted on 6月 20, 2011 by


# 情報元は2008年の記事です。

グロリアは15歳からポリネシアン・ダンスのグループで踊ってきました。

彼女が最初にグループに参加したとき、
フラダンスの先生はダウン症の彼女に教えることができるか自信がありませんでした。

レッスン初日、先生は彼女に「座ってクラスの皆んなの練習を見て、何ができそうかを教えてね」と言いました。
グロリアは練習風景を見て、ダンスが好きなだけではフラダンスは難しいことに気がつきました。

30分後、先生は彼女をレッスンに参加させることを決意。
そして先生は驚きます。
彼女はダンスの動きを真似て、他の人よりも優れている動きもあったのです。
グロリアにはフラダンスの才能があったのでしょう。

現在、グロリアは26歳。
フラダンスのイベント(ルアウ)に出演するメインダンサーとなりました。

ニュースソース:My Hula Dancer who has Down Syndrome

サンタローザ, カリフォルニア
 



あわせて読みたい

  • ダウン症のあるダンスの先生
  • ダンスで世界を変えようぜ from オーストラリア
  • 学園祭の女王に輝くダウン症学生
  • 世界ダウン症の日2011
  • 特別な自転車で感覚を訓練
  • ▲先頭へ