バレエで自分らしく表現

Posted on 5月 11, 2015 by

s_free2bemedance.com

アメリカ・カルフォルニア州ロサンゼルスにあるダンスカンパニー”Free 2 Be Me”(自分らしく)ではダウン症のある子供のためのバレエ教室を開いています。

ダンスカンパニーをはじめたきっかけは、バレエ・ダンサーだったコリン・ペリーはダウン症のある子どもや大人に親近感を持っており、社会貢献活動をしたいと考えたこと。
ボストン小児病院で行われているバレエのプログラムに影響を受け、彼女は自分のネットワークを活かし”Free 2 Be Me”を開始。

この32分のドキュメンタリーはバレエを通じて自分を表現するダウン症のある子供たちの真摯な姿勢が伝わってきます。

Free 2 Be Me from Jeannette Godoy on Vimeo.

参考)
ダンスカンパニー”FREE 2 BE ME”サイト
http://free2bemedance.com/

“FREE 2 BE ME”映画サイト
http://free2bememovie.com/

ボストンの創作ダンス教室
https://www.ds21.info/?p=987

 




あわせて読みたい

  • ダウン症のあるダンスの先生
  • ダンスで世界を変えようぜ from オーストラリア
  • eBayにダウン症のある子供モデル登場
  • インド発!特別な子どもたちからのメッセージ(動画)
  • ダウン症のある人のバレエ団
  • ▲先頭へ