サプライズのタッチダウン!

Posted on 12月 6, 2013 by

Waterboy with Down Syndrome Scores Touchdown

高校に通うノア・ヴァンヴーレン(18歳)はダウン症があります。
彼は高校のアメリカンフットボール・チームに所属し、長年、給水係でした。

ところがチームメイトのサプライズで彼は初めてのタッチダウンをしました。

ホームゲームの最終で、ノアはボールを受け、35ヤード走って、タッチダウン。

ノアの父親は言います。
「18年前生まれたとき、医者は息子が喋ったり、歩くことができないだろうと言いました。」
「しかし、18年後、喋ることも歩くこともできるのです。素晴らしいことです。感動しました。」

ニュースソース:Waterboy with Down Syndrome Scores Touchdown

 




あわせて読みたい

  • 大学合格!歓喜の雄叫び!
  • Youtubeで250万回の視聴回数を数えるタッチダウン
  • バスケチームに影響を与えるダウン症青年
  • シンガポールの日常(ホン・アンさんの場合)
  • 高校の水泳チームで頑張るニック
  • ▲先頭へ