ダウン症の大学生

Posted on 8月 23, 2013 by

アメリカは秋が入学・新学期です。

テネシー州のリー大学では4000人以上の学生の授業がはじりました。
その一人はリー大学にとって初めてとなるダウン症の学生です。
25歳のコーリー・ムーアは2つの授業(聖書と新入生向け)に臨みます。

Corey Moore1

全米ダウン症協会の副会長サラ・ウィアーは、
全米中の大学に約250の知的障害の学生向けプログラムがあると言います。

サラは言います。
「コーリーが素晴らしい点は、インクルーシブな環境で高等教育を勉強しようとしていることです。これはダウン症へのバリアを壊しています。」

サラによるとアメリカにはダウン症のある人が40万人いて、そのうち10%以下が中学校以降も進学するのではないかとのことです。

コーリーの母クリシは言います。
「息子は以前から大学へ行きたかっていました。」
「高校を卒業したとき、同級生の多くが大学に進学するということを知っていました。
兄弟、姉妹も大学進学をしたので、息子も大学進学が当然のことと考えていました。」

Corey Moore2

ニュースソース:Corey Moore is first Down syndrome student to audit classes at Lee University

 




あわせて読みたい

  • 大学という選択肢
  • [絵本] かわいい絵に描かれたダウン症の友達(英語版)
  • ダウン症のある子供における睡眠と学習能力の関係
  • 大学をもう一度考えてみよう
  • ダウン症の研究成果に複雑な心境
  • ▲先頭へ