イギリスTVドラマ史上最年少のスター

Posted on 7月 25, 2011 by

生後12週目の赤ちゃんがイギリスTVドラマ史上最年少のスターになりました。
彼の名前はテオ・タスカー。

2011年3月16日に生まれたテオは、
ドラマ「エマーデイル(Emmerdale)」の赤ちゃん役レオとして、
イギリスとアイルランドではすでに何百万もの家庭で知られています。

ドラマのプロデューサーはダウン症をテーマにすることを決めました。
この番組は一般の視聴者へダウン症の理解へつながると期待されています。

今週、テオの母親であるディー・タスカーはドラマの家族であるバリーマネー一家に会いに行きました。
ディー・タスカーは言います。
「ダウン症として生まれた赤ちゃんは他の子供と同じように笑い、微笑みかけてくれます。
息子のテオがドラマを通じて視聴者の方々にダウン症を理解してもらえると嬉しいです。」

「私と夫が最も強調したいことは、
ダウン症ではなく赤ちゃんのテオを観て欲しいということです。
息子は健康ですし、幸せな生活を送っています。
他の子供の両親も考えるように、息子には無限の可能性があるのです。」

「私たちは新米の父と母として、
子供に対して他の親と同じ挑戦が必要なのです。」
「子供の好きな物や、刺激になること、将来の夢など、様々な挑戦が待っているでしょう。」

「息子が健康で幸せな毎日を過ごすことができることに感謝しています。
将来どんな困難な壁にぶつかっても、
きっと克服できると思っています。」


ドラマ「エマーデイル」の出演者たちはみんなテオが好きになったと言います。

「出演者はみなさん素晴らしい方でした。
とても献身的で、テオを溺愛しています。
息子のことをとてもよく理解していますよ。」

「中心人物である三人の役者さんはとても素晴らしいです。
なかでもレオのお母さん役のゾー・ヘンリー演じるローナは素敵でした。」

「出演者は私たちをイギリス王室のように扱ってくれるんですよ。」

ニュースソース:Northern Ireland family so proud of Emmerdale’s youngest star

 




あわせて読みたい

  • 注目を浴びる英国ダウン症女優
  • オランダ発!ダウン症の役者だけのドラマ
  • イギリス発!ダウン症俳優が21番目の染色体を解説
  • [ドキュメント]さまざまな家族の、さまざまなダウン症の子供の話(英語版)
  • インド発!特別な子どもたちからのメッセージ(動画)
  • ▲先頭へ