注目を浴びる英国ダウン症女優

Posted on 2月 29, 2012 by

1970年代に世界中で流行したTVドラマ「Upstairs Downstairs」。
1930年代、ロンドンの邸宅を舞台に裕福な家族と使用人(メイドや執事など)に人間模様を描いています。
当時、世界で1億人以上が観たそうです。
そのリメイクが2010年から放送され、出演するダウン症女優が脚光を浴びています。

イギリスの女優サラ・ゴーディーSarah Gordy(30)はTVドラマ「Upstairs Downstairs」でパメラ・ホラントを演じています。
ゴーディーの役柄はダウン症であるため精神病院で過ごしてきた主人公の妹です。
彼女自身もダウン症です。

ゴーディーは言います。
「ドラマの役を通じてダウン症のある人には才能や能力があることを視聴者に伝えることができたと思います。」
「アメリカでドラマが放映されたことで、多くの反響があり、メッセージをたくさんもらいました。
ダウン症のある人としても注目されていると思います」

ニュースソース:Actress With Down Syndrome Draws International Buzz

 




あわせて読みたい

  • 女優サラ・ゴーディー、TEDのキュレータに
  • オランダ発!ダウン症の役者だけのドラマ
  • ドラマ「ブラックジャックによろしく」でのダウン症事例
  • イギリスTVドラマ史上最年少のスター
  • 兄がダウン症という設定のドラマ
  • ▲先頭へ