韓国・人気アイドルが愛する叔母

Posted on 6月 15, 2011 by

go-woori-reveals-that-her-aunt-has-downs-syndrome_1

韓国SBS系列の番組「ストロング・ハート」。
この番組に出演した人気グループ・レインボーのコ・ウリが叔母との個人的な話をしてくれました。

「確かにレインボーの活動では成功を収めました。
でも私には人生のゴールがもう一つあります。
それは多くの人の人生を手助けすること。
そう考えるようになったのは私の家族でした。
もっと言うと……私の叔母はダウン症でした。
叔母の見た目は普通の人と違っており、
精神年齢も7歳から12歳くらいだと思います。
小さい頃の私はそんなことは全く気にしませんでした。
私が大きくなるにつれ、
叔母のことを好きになってくれる友達、
嫌う友達が現れました。
若かった私は安易に影響され、
ダウン症の叔母のことが本当に嫌いでした。」

それから、彼女は引っ越し新しい友人関係を築きます。
ある日、コ・ウリは友人と公園へ行ったとき、偶然叔母に遭遇しました。

コ・ウリは当時を振り返ります。
「その日、公園を通り過ぎようとしたとき、ひとりで遊んでいる叔母を見かけました。
友達が叔母を指差し、『変な人がいるから見てみよう』と言いました。
叔母が私たちを見てビックリしないか心配しました。
でも叔母は私を見て、すぐに微笑んでくれて、私の名前も呼びました。
その瞬間、私には怒りの感情が湧いてきました。
そういった感情を持ってはいけないとわかっていましたが、
叔母に言ってしまったのです。
『叔母さんなんてどこかへいけばいいんだわ。
どうして私の家族なの?』
私は罪の意識を感じて、家へ帰り、
そのまま泣き続けました。」

go-woori-reveals-that-her-aunt-has-downs-syndrome_2

彼女は続けます。
「その日、泣き疲れて寝てしまい、気がつくと夜になってました。
祖母が行方不明になっていることを聞いて、親に怒られると心配になりました。
明け方、遠いところで叔母が発見され、両親とともにそこへ迎えにいきました。
母は何も言いませんでしたが、叔母のことで大変な思いをしたのでしょう。
母は叔母を抱くなり、どうしてこんなことをしたのか聞きました。
叔母は私と目が合うと、泣き始めました。
そして、叔母は私に『コ・ウリ、ごめんね』と言いました。
私はずっと叔母を嫌っていて、
叔母はそれをわかっていないと思っていましたが、
全部わかっていたんです。
私は本当に心が痛みました。」

番組でこのエピソードを語るコ・ウリは号泣。
彼女はつづけます。
「この出来事があってから、
戸惑いがなくなり、進んで友人へ叔母を紹介するようになりました。
それが私の親友を作る方法です。」

番組を通じコ・ウリは最近、病院にいる叔母さんへメッセージを残しました。
「叔母さん、最近忙しくてお見舞いに行けず、本当にごめんなさい。
いつも私が会いたいと考えてることを知っていますか?
時間を見つけて、叔母さんの好物のアイスクリームを買ってお見舞いに行きます。
心から叔母さんを愛しています。」

ニュースソース:Go Woori reveals that her aunt has Down’s syndrome

[]

 




あわせて読みたい

  • サプライズ!ホームカミング・キング&クイーン
  • 目指せボディビル大会
  • ラクロスで活躍するダウン症青年
  • チアリーディングの星
  • カントリーデュオの愛する娘
  • ▲先頭へ