心臓手術に成功したジェイコブ

Posted on 4月 19, 2011 by

ジェイコブ・ライリー・アッシャー(3歳)は生まれたときから心臓に問題がありましたが、
手術を行った後の経過は順調です。
この話は2011年3月21日、世界ダウン症の日に地元の新聞で紹介されました。

032511downssyndromehf01_w300

彼はノースカロライナ州ウィンストン・セーラムにあるブレンナー小児病院で手術をしました。
医師は提供のあったドナーの欠陥心臓弁を使い、彼の心臓の穴を修復しました。

ジェイコブの祖母であるリンダスミス・ホーキンスは、手術は9時間にも及んだと述べています。
「孫のジェイコブは本当によく頑張りました。」
医師によれば1週間後には退院できるそうです。

しかし、ジェイコブが通っている保育所に戻るためにはもう少し時間がかかるかもしれません。
保育所の先生ノルマ・ハニーカットは言います。
「わたしたちは(術後の)ジェイコブが元気になっていることをとても喜んでいます。」

ニュースソース:3-year-old recovering from surgery

[]

 




あわせて読みたい

  • 心臓手術キャンペーンで救われる命
  • 親友の命を救ったダウン症男性
  • 運転免許取得は自由になること
  • サッカー、ライバルチームのファンが夢を叶える
  • 合併症と闘う小さな戦士
  • ▲先頭へ