親友の命を救ったダウン症男性

Posted on 4月 11, 2011 by

ダウン症の男性が親友の命を救いました。
彼はイギリスで人気の医療系ドラマ「カジュアルティ」(死傷者の意味)に出演するヒーロー、
チャーリーばりの活躍をみせました。

image-16-for-paper-pics-19-03-2011-gallery-39723281

ダウン症のジェラルド・マッケンナ(35歳)は親友スティーブン(49歳)が心臓病で倒れたとき、すぐに救おうとしました。
ジェラルドの身長は152cmにもかからず、
185cmのスティーブンを抱きかかえ、仰向けにさせると
医療系ドラマ「カジュアルティ」の場面で覚えていた心臓マッサージをはじめました。
その後、周囲の仲間が救急車を呼び、スティーブンは心臓の二重バイパス手術を受け、一命をとりとめました。

ジェラルドは言います。
「私は親友に死んでほしくなかったのです。懸命に救おうとしました。
ドラマ”カジュアルティ”でチャーリーがやっていたことを行なったのです。」

親友スティーブンは手術後の経過も順調で、現在は自宅に戻ってきています。
今まで心臓病に見舞われたことのなかったスティーブンは言います。
「ジェラルドがいなかったら、どうなっていたかわかりません。
私は何が起きたのか自分でもわかっていなくて、気がついたら病院にいました。
病院で医師や看護士からジェラルドの心臓マッサージのことを聞きました。」

ニュースソース:Down’s syndrome hero saves pal by copying Casualty star Charlie Fairhead

[]

 




あわせて読みたい

  • 楽譜を読み音楽を演奏するダウン症のある人
  • サッカー、ライバルチームのファンが夢を叶える
  • 53歳でイーグルスカウトに選出!
  • アイルランドの熱心なサッカーファン
  • ダウン症のある子供の養子縁組
  • ▲先頭へ