ブルースの物語

Posted on 1月 31, 2011 by

ジーン・ブレハウト(91歳)は、自身の伝記「ブルースの物語」を書きました。
内容は2010年1月に亡くなったダウン症の息子ブルースと過ごした60年の話。

伝記を書くことで、ジーンは癒されました。
彼女は言います。
「書くことで息子が亡くなった悲しみを癒してくれました。」

1950年、ブルースが北マニトバの銅鉱山の町で生まれました。
医者はブールスを施設に預け、子供のことは忘れるように言いました。
ジーンは言います。
「今では信じられませんが、医者がそう言ったことを想像できますか?」
「息子はとても多くのことを教えてくれました。息子は抱きしめられるのが好きでした。」

その後、1951年に家族はウェランドに移り住みます。
当時、開始されたばかりの共同生活プログラムで働き始めました。

家族とともにブルースは36歳まで過ごし、その後、家族とは別の共同生活をはじめます。
両親はブルースと過ごしたかったのですが、息子の年齢や将来を考え、別の共同生活をさせました。

母のジーンは言います。
「ブルースは努力家でした。」

ブルースはウェランドの施設で梱包の仕事をしました。
「息子は働くのが好きでした。冗談を言うのも好きでしたね。」

彼には絵の才能もありました。
また、共同生活では学校へ通うことや仕事、その他のサポートを受けることができました。

ニュースソース:Brucie’s story
# 書籍は自費出版のようです。

[]

 




あわせて読みたい

  • ブルース・リーへの誓い
  • 「タイラーを雇おう」計画
  • サプライズ!ホームカミング・キング&クイーン
  • ファッションブランドの新しい顔 from オーストラリア
  • ブルックリンで自給自足の生活を目指す
  • ▲先頭へ