母乳育児の課題を解決するNPO

Posted on 7月 7, 2017 by

分娩や出産の看護師、ドゥーラとして働いていたエラ・カレンさんは自分の娘を母乳で育てようと決めていました。彼女の妊娠中にダウン症のある子供を産んだ女性の30%が授乳が難しいと言われても、その夢は変わりませんでした。

彼女は言います。
「娘の授乳には本当に苦労しましたが、とても献身的に授乳しましたよ。」

現在、娘のジュリアちゃんは13ヶ月です。
「本当に、本当に難しかったです。ダウン症のある赤ちゃんへの授乳のコツを理解には少し時間がかかります。寝ているとか吸いが弱いとか、ぎこちなかったり、吸ったり呼吸の方法が分からなかったり。赤ちゃんも要領を得ないんでしょうね。」

今年、エラ・カレンさんは自身の経験や似たような経験をした母親の話を共有するためにNPO『Julia’s Way』を設立。
ダウン症の新しいイメージを構築(reimagining life with Down syndrome)することに成功しました。

『Julia’s Way』の最初のプロジェクトは両親に挑戦するビデオでした。
ダウン症のある子供を障がいではなく資産として見ようと呼びかける映像は、全米中のダウン症関連の組織によってSNSでシェアされ、オンラインで3万回以上視聴されました。

彼女は言います。
「私が想像していた以上に進んだので、仕事にしたいと思っていた別のプロジェクト、母乳育児を考えました」

『Julia’s Way』は、ダウン症のある人や家族に力を与えるだけでなく、医療従事者と一般の人々の両方を教育することにあります。 7月中旬に母乳育児に焦点を当てた第2弾のビデオを発表し、来春には本を出版予定です。

また、彼女は母乳育児支援の専門家と協力して、ダウン症のある赤ちゃんの母乳育児の課題を解決するためのウェブサイトを構築中です。

ニュースソース:
Julia’s Way seeks to re-imagine life with Down syndrome

 




あわせて読みたい

  • ダウン症のある人の能力を見せるイランの壁画
  • インド発!特別な子どもたちからのメッセージ(動画)
  • 感動的なフィルム「Dreams」
  • [ドキュメント]さまざまな家族の、さまざまなダウン症の子供の話(英語版)
  • eBayにダウン症のある子供モデル登場
  • ▲先頭へ