愛を見つけた二人

Posted on 2月 14, 2015 by

s_jillanddavid

アメリカのノースダコタ州ファーゴに住むダウン症のあるカップルが結婚しました。
デイビッド(52歳)とジル(45歳)です。

ジルのアパートの心地よいソファに座り、彼女は彼をハニーと呼び、優しく手をとり、腕を組みます。
デイビッドは彼女を見ると、釘づけになり、彼女の世界に包まれます。

二人が知り合ったのは7,8年だと友人や家族は言いますが、おそらく10年ほど前。
そんな二人は今ラブラブ絶好調。

最近、行ったダンスパーティでジルはふざけて彼の鼻をつまみ、「ねぇ、あなた!」と言います。
「デイビッドがわたしを愛していることを知っていますし、私も彼のことを愛しています。」

デイビッドは言います。
「私はジルのことがとても大好きです。ずっと見ていたいんです。(だから)私たちは結婚しました。」

二人は結婚についてときどき議論しましたが、一年間、保留にしていました。

ジルは子供を産むことができないので、それは問題ではなかったと家族は言います。

ジルはルームメイトとアパートに住み、独立しています。また、デイビッドはグループホームで暮らしています。
結婚することで、いくつかの社会福祉に費用がかかるようになります。デイビッドも健康の問題がありました。

二人は結婚後にどうなるかを話し合い、そして結婚を決断しました。

ニュースソース:
Fargo couple, both with Down syndrome, find love together | INFORUM

 




あわせて読みたい

  • 幸せな結婚
  • ドキュメンタリー「モニカ&デイビット」がエミー賞2011にノミネート
  • ドキュメント映画「モニカとデビット」ダウン症の愛の物語
  • 2014年のサッカーワールドカップに32000枚の無料チケットを寄付
  • ダウン症のある人の純粋な心が他人を救ったという映画
  • ▲先頭へ