社会的問題の解決を掲げるTシャツブランド

Posted on 12月 24, 2012 by


みなさん「セブンリー(Sevenly)」というファッションブランドをご存知ですか?
チャリティーTシャツを中心に販売するアメリカのオンラインストアです。

sevenly

興味深いのは1週間(7日間)ごとにサポートするNPOを選び、そのTシャツを販売するのです。
1枚売れるごとにNPOには7ドルの寄付となります。

さらに興味深いのはセブンリーがTシャツを販売することで資金不足のNPOや社会的問題を解決しようとしているところです。

そしてセブンリーが選んだ今週のNPOは「リースの虹(Reece’s Rainbow)」。
当サイトでも何回かご紹介したことのある「リースの虹」(https://www.ds21.info/?tag=リースの虹)は主に東欧のダウン症の子どもとの養子縁組を支援するアメリカの団体です。

セブンリーでは問題と解決方法をTシャツを購入する人に提示しています。

■問題

多くの人々にとって、愛する家族のもとにいることは当たり前のことだと思っていることでしょう。
しかし、世界中には数千ものダウン症や他の特別なニーズのある子どもは生物学的な親に見捨てられています。
これらの子供たちにとって家族という存在はただの夢にすぎないのです。
そんな状況を改善するべくアメリカに住む志の高い何百もの家族がその子どもたちを養子として受け入れています。
ところがその養子縁組のコストが高く、養子にすることに躊躇する場合もあるのです。

■解決方法

今週、私たち(セブンリー)は「リースの虹(Reece’s Rainbow)」を支援することに決めました。
彼らはダウン症や特別なニーズのある子どもたちと(彼らを幸せにしたいと思っている)家族とを結びつける活動を行っています。
あなたの支援でこれらのかわいい子どもたちの養子縁組が実現されるよう、子どもを受け入れたいと思っている家族に資金的な援助を行います。

sevenly

・Sevenly + Reece’s Rainbow: Love the Unloved(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=DMGOUZt1KnE

■参考URL
着るだけでメッセージを伝えられる!オシャレなチャリティTシャツ専門サイト Sevenly
セブンリー Sevenly

 



あわせて読みたい

  • 社会的問題の解決を掲げるTシャツブランド「セブンリー(Sevenly)」2
  • Tシャツのその先に(社会的課題に挑むブランド)
  • 正確でバランスのいいダウン症情報ブックレット
  • ロシアからアメリカへの養子縁組禁止の波紋
  • 水中スマイル!ヘンリー君のポスター完成!
  • ▲先頭へ