日本初!クラウドファンディングで写真集+写真展@沖縄

Posted on 1月 16, 2015 by

日本のクラウドファンディングREADYFOR?を利用して「ダウン症候群の子どもの写真を集めた写真集制作と写真展開催」のファンディングがはじまりました。

沖縄に住むダウン症のある子供たちを持つ親たちのネットワークDS-okinawaが主催。
ダウン症のある人々の写真集や写真展にクラウドファンディングを利用した資金調達は日本初!
さっそく主催者のHさんにインタビューしました。

DS-okinawa

今回クラウドファンディングを使おうというきっかけはなんですか?

当初は写真集メインの企画で、作品の出品料をそのまま写真集制作費(出品者がスポンサー)という形で進めていました。
出品者の方へ各15冊、その他を沖縄をメインに新しく縁あってダウン症の赤ちゃんを授かった家族の方々へ無償で贈るということで作品を募集。また支援金が集まり次第写真展も開催できたらいいねとメンバーとも話していました。
募集を開始すると沖縄県だけでなく、日本全国はたまた国外在住の方からも出品していただき、配布するだけではだけではなんだかもったいないなという気持ちになってきました。そこで思い切って全国の希望者に無償で届けるべく、増刷分の費用と写真展開催費を集めるため、クラウドファンディングに踏み切りました。

なるほど。日本全国、海外からも写真が集まったのですね。今回、写真展も開催されますよね。沖縄で開催することの意義はなんでしょう?

実は2008年に、同様な内容で写真展開催と写真集制作をさせてもらったことがあります。その時は南風原のイオンショッピングセンターをお借りして写真展を開催したのですが、ダウン症候群とは関係ない一般の方々からの嬉しい反響をたくさんいただき、インクルーシブへの可能性を感じました。
もちろん全国で写真展を開催できたらいいのでしょうが、住んでいるここ沖縄からインクルーシブな社会を作れたらいいなと思っています。

どんな人に見てもらいたいですか?

写真集は特に縁あってダウン症の赤ちゃんを授かったご家族(もちろん親戚やその子にこれから関わるであろう人たちにも)に見てもらいたいです。
去年、病院の看護師長さまから過去作った写真集を追加でいただけないかと問い合わせがありました。また、前回の写真集に勇気づけられたといって今回出品する方もいらっしゃいます。私が考えていた以上に需要があるのだなと感じます。
写真展はいろんな方に見ていただきたいです。一緒にこの世界で生きているわけですから知ってもらうことから、だと思っています。
後に残る需要、いろんな方に見てもらえる需要、それぞれのいいところを上手に導けるようがんばります。
でも一番のアピールポイントは、ただの「親ばか」な人の集まりです!!

応援しています!DS21.infoを見ている方にメッセージがあればお願いします!

私たちは規模をもう少し大きくしたいなと思いクラウドファンディングに踏み切りました。こちらを読んで少しでも賛同していただけましたら協力のお手伝いしていただけると幸いです。
プロジェクトのページ内にツイートボタンやfacebookいいね!ボタンがあるのでそれに参加してもらえるだけでもとても嬉しいです!

s_DSokinawa_readyfor

プロジェクトページはコチラ!
https://readyfor.jp/projects/ds-o

 




あわせて読みたい

  • ジジのプレイハウス
  • 世界中から参加可能な写真展
  • DS-okinawa x DS21.infoコラボ企画!「2015夏のOYABAKA展」
  • オリバーの写真集が資金調達成功
  • ダウン症のある人が撮影した写真コンテスト2015
  • ▲先頭へ