Posts Tagged NDSS

ロッキンUSA

Posted on 1月 2, 2016 by

NDSS(全米ダウン症協会)のロッキンNDSSキャンペーンをご紹介します。 ウェンディ・ズークとニコル・スターの写真プロジェクトです。 昨年12月、0歳11ヶ月から50歳まで、50名以上のダウン症のモデルが集まり、 アメ […]

続きを読む»

ABLE法を成立させる動き

Posted on 7月 24, 2014 by

アメリカで障害者の低賃金や医療制度の改善を求めたABLE法を成立させようという動きがあります。 その中心人物は全米ダウン症協会(NDSS)の役員でもあるサラ・ウォルフ。 もちろんNDSSも強力にバックアップしています。 […]

続きを読む»

NYタイムズスクエアにあなたのお子様の写真を!2014

Posted on 6月 26, 2014 by

今年も全米ダウン症協会(NDSS)がNYで開催する毎年恒例のタイムズ・スクエア・ビデオ・プレゼンテーション。 同時開催されるNYのバディーウォークとともに名物になっています。 今年は2014年9月20日(土)。 午前10 […]

続きを読む»

毎年10月はダウン症啓発月間 in USA

Posted on 10月 12, 2013 by

1981年以降、毎年10月は「全米ダウン症啓発月間(National Down Syndrome Awareness Month)」です。 全米ダウン症協会(NDSS)を母体とし何百もの系列組織、「バディウォーク」のよう […]

続きを読む»

48歳の兄、弟のためにトライアスロンに参加

Posted on 7月 29, 2013 by

アメリカのリベラル系インターネット新聞ハフィントンポスト「Good News」からの御紹介です。 リチャード・ペックは、毎年いくつかのトライアスロンの大会に出場します。 すべてはダウン症のある弟クリスのためです。 リチャ […]

続きを読む»

海外のダウン症関連Tシャツ

Posted on 7月 20, 2013 by

暑中お見舞い申し上げます。 さまざまな場所へ出かける夏。 人とは違うTシャツを着て、ダウン症の啓発をしてはいかがでしょう。 アメリカとイギリスのTシャツを購入しましたので共有します。 【イギリス】イギリス・ダウン症協会 […]

続きを読む»

NYタイムズスクエアにあなたのお子様の写真を!2013

Posted on 6月 30, 2013 by

今年も全米ダウン症協会(NDSS)がNYで開催する毎年恒例のタイムズ・スクエア・ビデオ・プレゼンテーション。 同時開催されるNYのバディーウォークとともに名物になっています。 今年は2013年9月21日(土)。 日本から […]

続きを読む»

NYタイムズスクエアにあなたのお子様の写真が流れます! 2012

Posted on 7月 3, 2012 by

今年も全米ダウン症協会主催、NYタイムズスクエア上映ビデオの写真受付はじまりました! みなさまのお子様の自慢の写真を簡単に応募できます! ぜひ日本からも多くの応募をしたいですね! 去年のビデオ goo.gl/Vcuzo […]

続きを読む»

海外のダウン症協会メルマガ

Posted on 1月 25, 2012 by

海外のダウン症協会サイトは、その国や地域の特徴が表れていて面白いです。 中にはメルマガを購読できるところもあり、今回はそのご紹介です。 本サイトでもたまに記事を紹介している全米ダウン症協会(NDSS)のニュースレター。 […]

続きを読む»

全米ダウン症協会(NDSS)のクールなTシャツ

Posted on 12月 10, 2011 by

全米ダウン症協会(NDSS)がクールなドネーションTシャツを売り出しました。 21番目の遺伝子が3つあるダウン症の特徴を「3:21」としてデザイン。 背面にはNDSSのロゴも入っています。 子供向けは15ドル、大人はメン […]

続きを読む»

プラズマ・スクリーンでニューヨークデビュー!

Posted on 8月 17, 2011 by

オハイオ州・パルマ出身、5歳の男の子が、 ニューヨーク・タイムズスクエアの中心にある巨大なMTVプラズマ・スクリーンに映し出されます。 彼の名前はソーヤー・クラウズ。 彼の写真はダウン症者の価値向上や理解を深めるといった […]

続きを読む»

31歳の母。夫婦の決意

Posted on 1月 20, 2011 by

米国のダウン症協会(NDSS)のニュースレター(6ページ)から興味深い記事をピックアップしました。 Our Precious Molly Carrie McLaren (Orange Park, FL) 2010年6月2 […]

続きを読む»

 
▲先頭へ