Posts Tagged 羊水検査

“出生前診断”をテーマに描いた実話マンガ3

Posted on 9月 14, 2015 by

ダウン症のある子供を育てる夫婦A夫とB子。 最終話が発売され、早速読んでからトークがはじまりました。 夫婦の会話は架空のものですが、マンガは実話。 あらためて三話を通して読むと当事者の親として追体験をしているようでグッと […]

続きを読む»

“出生前診断”をテーマに描いた実話マンガ2

Posted on 8月 16, 2015 by

ダウン症のある子供を育てる夫婦A夫とB子。 前回の続編が発売され、早速読んでからトークがはじまりました。 夫婦の会話は架空のものですが、マンガは実話。 事実だから伝わる内容です。 次号は9月3日発売! Tags: マンガ […]

続きを読む»

“出生前診断”をテーマに描いた実話マンガ

Posted on 7月 7, 2015 by

ダウン症のある子供を育てる夫婦A夫とB子。 最近発売された”出生前診断”をテーマに描いた実話を元にしたマンガの話をしています。 夫婦の会話は架空のものですが、マンガは実話。 夫婦で悩んで、実母や長 […]

続きを読む»

PDVを上げることが重要なわけ(世界ダウン症の日2015に寄せて)

Posted on 3月 13, 2015 by

PDV、聞き慣れない言葉だと思いますが、それもそのはず、私が考えました。 People with Down syndrome View の略です。 インターネットの世界では一般的な用語であるPV(Page View ペー […]

続きを読む»

価値ある命(A LIFE WORTH LIVING)

Posted on 6月 1, 2013 by

2008年に公開された感動的な映像をご紹介します。 2003年に生まれたジョゼフくん(愛称はジョー)。 彼は8番目の染色体が4本ある「テトラソミー」かつ21番目の染色体が3本ある「トリソミー」のモザイク型ダウン症。 これ […]

続きを読む»

19歳でダウン症のある子供を妊娠、そして出産

Posted on 5月 16, 2012 by

2009年10月22日、エコー検査で陽性と判明しました。 そのとき私は19歳。 そのことをボーイフレンドに言うと、彼は少しナーバスでした。 エコー検査の結果に納得がいかなかったので、一週間後、担当医に相談したところ、血液 […]

続きを読む»

モデル界に嵐を呼ぶ5歳の女の子

Posted on 4月 18, 2012 by

イギリスに住むナタリー・ゴレニオウスキ(5歳)はダウン症です。 彼女が生まれたとき、両親は娘が一生歩くことも、話すこともできないと考えていました。 しかし、彼女は肺炎と心臓手術を克服し、いまは学校生活をはじめ、モデル活動 […]

続きを読む»

アメリカのダウン症のある子供出生の現状

Posted on 4月 16, 2012 by

筆者のアダム・ウルフバーグはボストンにあるタフツ医科大学の助教授、 専門はハイリスク妊娠です。 彼が医療の現場から書いた記事が興味深いのでご紹介します。 最近、母親の血液を採取することで、胎児の遺伝子の異常(ダウン症候群 […]

続きを読む»

Facebookの友人に支えられ、ダウン症のある子供を出産

Posted on 2月 6, 2012 by

友人ジェニファー・リスターが三人目の子どもを妊娠していると聞いて、わたしはとても幸せでした。 彼女は人間として素晴らしいだけでなく、母親としても素晴らしい人物だからです。 ジェニファーとは仲の良い友人ですが、、 今はお互 […]

続きを読む»

圧倒的多数の親がダウン症の子供を持つ決断に満足

Posted on 10月 24, 2011 by

興味深い記事があったのでご紹介します。 ダウン症のある人の人生に関する最新の調査結果はとても前向きなものでした。 ボストンの小児科で医師をしているブライアン・スコットコー博士と彼の同僚らが「the American Jo […]

続きを読む»

ダウン症は私たちを傷つけましたか?

Posted on 10月 17, 2011 by

「障害児の子育て」というジャンルで著名な女流作家エイミー・ジュリア・ベッカー。 NYタイムズなどで活躍するコラムニストでもあります。 3人の子どもの母であり、長女のペニーはダウン症です。 彼女の素晴らしいコラムをご紹介し […]

続きを読む»

数少ないダウン症の育児漫画

Posted on 7月 11, 2011 by

マンガ「のんちゃんの手のひら」。 以前から知っていたのですが、なかなか読む機会がなく積読。 自分の息子が2歳7ヵ月と気持に余裕が出てきたので、読んでみました。 wikipediaからの概要。 双葉社刊『jourすてきな主 […]

続きを読む»

 
▲先頭へ