Posts Tagged 水泳

東京パラリンピックとダウン症のある選手

Posted on 2月 9, 2017 by

世界最大のオンライン署名サービスChange.orgにてブラジル・リオデジャネイロ在住のLilian M Barrosさんが「2020年の東京パラリンピックでダウン症のある選手を含めるルールに変更してください」というキャ […]

続きを読む»

ママが輝き続ける理由

Posted on 11月 23, 2016 by

先日のバディウォーク東京2016 第三部 シンポジウムで紹介した、金子エミさんがお子様カイトくんの成長の様子を中心に描いた漫画『美容家ママとダウン症カイトの世界水泳奮闘記! 世界は君のもの』。 ? #バディウォーク のシ […]

続きを読む»

注目のティーンエイジャー

Posted on 3月 10, 2014 by

ダウン症のエマニュエル・ビショップ(16歳)はバイオリンを演奏し、英語、スペイン語、フランス語、ラテン語を話します。 彼は野心的な若者。 ダウン症であることは彼の夢を邪魔しません。 6歳のとき、バイオリンを習い始めました […]

続きを読む»

背泳200mで世界新!豪アラン

Posted on 2月 19, 2014 by

オーストラリアのアラン・ミラー(19歳)が背泳200mにおいて国際ダウン症水泳協会認定の世界新記録を出しました。 1月25日、Launceston Aquaticで行われたタイム・トライアルにて200mを3.04分で泳ぎ […]

続きを読む»

アメリカ中部で最も強いハートの持ち主

Posted on 1月 4, 2014 by

アメリカ中部で最も強いハートの持ち主だと言われるトラビス・ルスレン(24歳)。 ダウン症のある彼はスペシャルオリンピックスの水泳選手です。 ちょうど8歳のとき、水泳をはじめました。 トラビスはスペシャルオリンピックスの事 […]

続きを読む»

楽譜を読み音楽を演奏するダウン症者

Posted on 8月 13, 2012 by

イギリス・イクストンに住むスティーブン・グリーン(47歳)。 彼はダウン症者としてはイギリスで初めて楽譜を読み音楽を演奏することができるようになりました。 彼の成長を7年間みてきた音楽講師ラングリー・ミルやデニス・レイシ […]

続きを読む»

高校の水泳チームで頑張るニック

Posted on 1月 10, 2012 by

ニック・ウィリアムズ(15歳)はお気に入りの蝶がデザインされた水泳帽をかぶり、 12月27日の水泳大会に挑戦。 Sauconバレー高校水泳チームのメンバーとして最初の個人競技100mバタフライに参加しました。 一般の選手 […]

続きを読む»

ヨーロッパの水泳大会で輝くアンディ

Posted on 5月 23, 2011 by

国際的なダウン症水泳選手のアンディ・バンクス(25歳)は、 ヨーロッパの競技会から帰国しました。 数々のメダルを獲得し、自己ベストを更新。 アンディのライバルは地元のイギリスをはじめ、 スコットランド、スロバキア、スウェ […]

続きを読む»

本物のチャンピオン

Posted on 3月 9, 2011 by

先週、ダグ・ヘルムステッターは高校生活で最後の競技に勝ちました。 その勝利は彼にとって最初のものですが、 ジェファーソン水泳チームにとっては大きな勝利でした。 ダグはダウン症。 毎回、彼はチームで自由形50mを泳ぎ、リレ […]

続きを読む»

16歳でダウン症と診断

Posted on 1月 24, 2011 by

病院へは何回となく通っていましたが、 ジョー・スウィーニーは息子ベンがダウン症であると診断されたのは16歳のときでした。 ベン(現在17歳)はモザイク型のダウン症と2010年6月に診断されたのです。 診断結果にためらうこ […]

続きを読む»

ルーシーと9個のメダル

Posted on 12月 21, 2010 by

台湾で開催された第5回ダウン症世界水泳選手権大会において、オーストラリアの水泳選手ルーシー・ドミトレスキュは9個のメダルを獲得しました。 21歳の彼女は、5個の金メダル、1個の銀メダル、3つの銅メダルを獲得したのです。 […]

続きを読む»

オリンピック:夢の大舞台

Posted on 12月 10, 2010 by

オリンピックの大舞台が、ニュージーランドのエドワード・ボーキン(31歳)を呼んでいます。 それは彼が住む地域では誰も経験したことのない挑戦です。 2011年6月に開催される第13回スペシャルオリンピックス、ギリシャ・アテ […]

続きを読む»

 
▲先頭へ