[TV] アメリカ人のモラルを問う番組「あなたならどうする?(‘What Would You Do?’)」

Posted on 12月 3, 2010 by


アメリカ・ABC放送の人気番組「あなたならどうする?(‘What Would You Do?’)」。
これは日本の番組で言うところの「どっきりカメラ」で、ターゲットは一般人。
しかし、「どっきり」とは言っても題材はアメリカ人のモラルを問うもの。

この回は「スーパーマーケットの従業員が障害者だったら」という内容。
障害者を奇異な目で見るのではなく、客が障害者である従業員に厳しい態度をとったとき、
それを見た第三者は擁護するのか、という「どっきり」=モラルのチェックです。

舞台はニューヨーク・ブルックリンのスーパーマーケットで、
従業員役は、かつてセサミストリートの子役で現在はハリウッドでも活躍するダウン症の俳優ヨシュ。
障害者に厳しい態度をとる客も俳優。
レジに並ぶ第三者、一般人の反応を見ます。

お客役「もっと早くできないの?」
店員役「……」
(どっきりが仕掛けられる一般人へ向けて)
お客役「早くするべきよね?あなたどう思う?」
仕掛けられる客「ちょっとわからないわ。少なくとも頑張ってるわよね」
(と、戸惑いながらも擁護する発言)

この後もさまざまな一般人が登場しますが、誰一人として擁護しない人はいませんでした。
こういったケースで自分も毅然とした態度をとれるように心がけたいです。

番組の途中、全米ダウン症協会(NDSS)の方が解説しています。
「(ダウン症の人へ)伝わらなければ根気強く繰り返し言うことが大切で、決して責め立ててはいけません。責めることはダウン症の人たちを傷つけます」
ぜひ動画を観て下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=ObkxEXKoklI
ブルックリン, ニューヨーク

■参考URL:
Woman Berates Clerk With Down Syndrome

 



あわせて読みたい

  • ダウンカフェへようこそ
  • 感動的なフィルム「Dreams」
  • 40%の障害者雇用を実現した企業
  • 第二次世界大戦の最後の日を描いた短編映画
  • 世界中から参加可能な写真展
  • ▲先頭へ