仕事の後は広東オペラ(香港)

Posted on 1月 16, 2017 by


ホ・キッティンとフォン・ホポンは1日7時間 、清掃員として働いています。
自動車、公共設備やオフィスの清掃を担当。
勤勉さや責任感のある姿勢は雇用主から高い評価を受けています。

仕事外で二人は香港ダウン症協会(HKDSA)が設ける”The Down’s Cantonese Opera Group(ダウン症のある人のための広東オペラグループ)”に通っています。

このグループには13名が所属し、中国語劇「京劇」の「広東版」とも言える「広東オペラ」を披露するために練習しています。
広東オペラは世界遺産としても有名です。

10年間、広東オペラを勉強しているウ・ホイユは「白蛇伝説」という演目が得意。

香港のいまを生きる彼らの映像をぜひご覧ください。

ニュースソース:
Video: An extra chromosome – Hongkongers living with the challenges of down syndrome | Hong Kong Free Press

 



あわせて読みたい

  • ダウン症のある人の能力を見せるイランの壁画
  • 中華圏のダウン症協会
  • 写真展「最純的人」in 香港
  • ダンスで世界を変えようぜ from オーストラリア
  • アメリカ最高齢のダウン症のある人が死去
  • ▲先頭へ