知的・発達障がい者に就労の機会を提供するコーヒーショップ

Posted on 1月 27, 2016 by


s_Beaus Coffee

2016年1月25日、アメリカ・東部のウィルミントンに Beau’s Coffee がオープンしました。
ウィルミントンはフィラデルフィア南西約40kmに位置し、人口は約7万人の都市です。

創業者のライトには4人の子供がいます。2人(BeauとBitty)にダウン症があり、そこからインスピレーションを受け、この事業を立ち上げました。
お店の名前は子供の名前Beauとその単語の意味(フランス語でしゃれ男、美しい)が由来と思われます。

お店のミッションは知的・発達障がい者に就労の機会を提供すること、また、コーヒーを楽しめる場を提供することです。

創業者エイミー・ライトは言います。
「この夢をかなえるまで大変でしたが、あっという間に時が過ぎました」
「24時間、喜びでずっと泣き叫んでいるような感じでした」
さらに嬉しそうに言います。
「オープン後、最初の1時間で200杯の注文を受けましたよ!」

WECT TV6-WECT.com:News, weather

ニュースソース:
Wilmington coffee shop creates opportunity for individuals with – WECT TV6-WECT.com:News, weather & sports Wilmington, NC
http://www.wect.com/story/31049763/wilmington-coffee-shop-creates-opportunity-for-individuals-with-disabilities

参考)
Beau’s Coffee公式サイト
Beau’s Coffee公式Facebook

 



あわせて読みたい

  • ナイアガラの滝にコーヒーショップ開店
  • 目指せボディビル大会
  • ダウン症のあるダンスの先生
  • ティムのレストランが閉店。その理由は
  • 難聴のダウン症児、聴導犬を連れて学校へ!
  • ▲先頭へ