アルゼンチンのダウン症キャンペーンがステキ!

Posted on 3月 16, 2015 by


あなたは何の症候群ですか?
wikipediaによれば症候群の第二の意味は「ある社会的原因から生じる病的な傾向を示す一連の人々、及びその社会現象を指す言葉」。

病的までいかなくとも傾向として使われる症候群が身のまわりにありますよね。
例えば日曜日の夕方に明日からの会社で憂鬱になるサザエさん症候群や夫が一日中家にいることでストレスになる主人在宅ストレス症候群。
思いあたる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな症候群を好きなものでなりきってしまう、というニュアンスで使ったアルゼンチンのダウン症協会(ASDRA)による広告キャンペーンが人気です。

「私は私だから。そしてダウン症があります。」
“I am who I am. And I have Down Syndrome.”

カラオケ症候群
s_karaoke

80年代症候群
s_80s

ハリウッド症候群
s_hollywood

プリンセス症候群
s_princess

メッシ症候群(アルゼンチンの有名サッカー選手)
s_messi

どれも面白いアイディアですね。

ニュースソース:
“I am who I am. And I have Down Syndrome.” » Design You Trust. Design, Culture & Society.
http://designyoutrust.com/2015/03/i-am-who-i-am-and-i-have-down-syndrome/

 



あわせて読みたい

  • アルゼンチンの映画「アニータ」で主役のユダヤ系ダウン症女優
  • 恋する瞬間(動画)
  • ダウン症者の純粋な心が他の人を救ったという映画
  • 映画デビュー from フィリピン
  • 世界初、アルツハイマー病のダウン症者向けワクチンの治験
  • ▲先頭へ