ディズニー映画にダウン症の子供を!

Posted on 10月 21, 2014 by


s_disneyworld

いくつかのディズニー映画では障がいのあるキャラクターが登場しています。
1996年「ノートルダムの鐘」、2003年「ファインディング・ニモ」です。

アメリカ・サンフランシスコに住むディズニー映画の大ファンのママ。
彼女には生後15ヵ月のダウン症のある子供がいます。

彼女は娘が大好きな映画「アナと雪の女王」には(娘のような障がいのある)キャラクターが出演していないのでリアル性に欠けると言います。

「ディズニー映画で(ダウン症のある)人が登場すれば、未来の世代にもっと同情心をもってもらい、受け入れられ、ダウン症が嫌いな子供たちも先入観を持たなくなると思うのです。」

s_Ask Disney to represent children with DS

そして、彼女はウォルトディズニースタジオの社長へダウン症のある子供をディズニー映画に登場させてほしいという署名をインターネットで募りました。
2014年10月21日現在、ウェブ署名サイトthepetitionsite.comに集まった署名は目標の38,000人に対し、37,737人。
あと200人と少しでゴールです。

興味のある方は日本からもオンライン署名ができますので是非!
http://www.thepetitionsite.com/988/470/737/ask-disney-and-mattel-to-represent-children-with-down-syndrome-in-their-animated-movies/?z00m=22180897

ニュースソース:
Bay Area Mom Petitions Disney To Show Rolemodels With Down Syndrome In Animated Movies

 



あわせて読みたい

  • 夢をかなえるために硬貨を集めよう!
  • インドに住む7人のダウン症者のドキュメンタリー
  • ボリウッド映画デビュー!
  • インド発!特別な子どもたちからのメッセージ(動画)
  • eBayにダウン症のある子供モデル登場
  • ▲先頭へ