ブリトーが大好きな少年、歴史を調査してお金をゲット!

Posted on 10月 17, 2014 by


s_Taco Bell Surprises1

日本ではセブンイレブンやメキシコ料理店で見かけるブリトー。
アメリカやカナダではファーストフードなど身近なメニューとして人気があります。

そんなブリトーが大好きな少年、ジョー・レドモンド(11歳)。
彼にはダウン症があります。

彼は教育アシスタントとともに大好きなブリトーのアメリカの歴史を調査。
そして、ジョーが調査を発表した姿を映像に収め、家族がYouTubeにアップ。

家族はさらにその映像をアメリカの大手ファストフードチェーン「タコベル」に送りました。「タコベル」はブリトーやタコスなどの専門店です。

そして、数ヵ月後、カナダにあるタコベルの事務所からブリトーに対する愛とジョーを支援したいと1500ドルの小切手が送られました。

まさかのサプライズにジョーも大喜びでした。

s_Taco Bell Surprises2

ニュースソース:
Taco Bell Surprises Down Syndrome Boy After His Speech About Burritos

 



あわせて読みたい

  • ハリウッドセレブ、デンバーへ
  • ファッション広告にダウン症モデルが登場
  • 歌手シェリル・クロウがダウン症啓発イベントに参加
  • NYファッション・ウィーク初、ダウン症のモデル登場!
  • 水墨と水彩の鮮やかな表現
  • ▲先頭へ