ダウン症のある人の能力を見せるイランの壁画

Posted on 9月 11, 2014 by


s_Azadeh Abbaszadeh1

2014年9月第一週、イランのAzadeh Abbaszadeh医師が主催するダウン症のある人のグループ。

彼らが北部の町レバンシャーにある約200m(60フィート)の壁画を描きました。
この壁画はダウン症のある人の能力を見せる目的で、「Wall 47」と呼ばれています。

Azadeh Abbaszadeh医師のFacebookで公開された映像では、ダウン症のあるAhmad(41歳)が壁画を説明しています。

「私はAhmadです。この壁は”Wall 47″、(ダウン症のある)私たちのためのものなのです。昨晩、雨が降り、壁の絵がどうなるか心配しましたが、壁は乾燥しています(問題なし)。この2つ目の絵は(ダウン症のある)Pooranが描きました。Pooranは神の家を描きました。」

Azadeh Abbaszadeh2

ニュースソース:
Azadeh Abbaszadeh医師のfacebook動画
https://www.facebook.com/video.php?v=716065525133923&set=vb.100001914462231&type=2&theater

Rezvanshahr,Iran
 



あわせて読みたい

  • 成人のダウン症のある人の教育ニーズに特化したNPO
  • #HereIAm キャンペーン
  • 暗闇からの脱出(世界ダウン症の日2015)
  • 恋する瞬間(動画)
  • わたしはダウン症の赤ちゃんではありません
  • ▲先頭へ