48歳の兄、弟のためにトライアスロンに参加

Posted on 7月 29, 2013 by


アメリカのリベラル系インターネット新聞ハフィントンポスト「Good News」からの御紹介です。

small_Inspired By Brother With Down Syndrome

リチャード・ペックは、毎年いくつかのトライアスロンの大会に出場します。
すべてはダウン症のある弟クリスのためです。

リチャードは現在48歳。
全米ダウン症協会(NDSS)の啓発活動、チャリティーの一環としてトライアスロンに出場します。

リチャードは言います。
「私や妹、両親と同じように弟は希望、願い、夢、欲求を持っているのです。」
「弟はダウン症だからといって決して妥協しませんでした。その姿勢に影響を受けました。」

ニュースソース:Inspired By Brother With Down Syndrome, Richard Peck Is The Most Inspiring Ironman Competitor You’ll Meet (VIDEO)

 



あわせて読みたい

  • 12歳の姉がプールで溺れた3歳の妹を救出
  • やったね!夢のようなデートが実現
  • [絵本] かわいい絵に描かれたダウン症の友達(英語版)
  • ダウン症者の個性を伝える写真展
  • NYファッション・ウィーク初、ダウン症のモデル登場!
  • ▲先頭へ