がんばれケビン!合併症を抱える子供

Posted on 11月 17, 2010 by


2歳になるケビンは最初の1年を病院で過ごしました。
両親や心配してくれる人はいません。ツꀀ現在、彼は里子を預かる施設にいます。
福祉の専門家は将来的に彼は養子となって温かい家庭で育った方がいいと考えています。

ケビンを受け入れるには健康上の問題も同時に受け入れなければなりません。
ダウン症であるとともに慢性的な肺の疾患、運動障害、視覚・聴覚の問題もあります。

彼は栄養をチューブで摂り、気管切開手術後、酸素をチューブで吸引しています。
発達遅延は最大3ヶ月程度。
病院では要介護に指定され、24時間365日の介護スタッフが必要です。

養子にするために親に求められるものは、彼の健康を維持するために多くの時間を費やし、必要とするものを提供してあげることです。
スタッフは「しかっりとして穏やかな男の子」だとケビンをほめています。

もし、この特別な子供をあなたの家族に迎えたいという場合、ご連絡をください。

Dennis Jakubik djakubik@dablodgett.org
Nicole Nesbitt nnesbitt@dablodgett.org

ニュースソース:Adoption: Tot faces many health issues, needs strong support system

 



あわせて読みたい

  • 読み書きを覚えるのに有効なiPad
  • 合併症と闘う小さな戦士
  • イタリア初のエシカルなホテル
  • 困った映画館、深まる愛
  • Google検索画面が「世界ダウン症の日」?
  • ▲先頭へ