英プレミアリーグのダウン症サッカーフェスティバル

Posted on 4月 11, 2013 by


2013年3月17日(日)、
DSActiveのプログラムとして第3回「プレミア・リーグのダウン症サッカーフェスティバル」がウエスト・ブロムウィッチ・アルビオン財団で開催されました。
これはイギリス国内の様々なメンバーで構成されるDSActiveの14チーム、150人以上の選手たちが700人を越える観客を前にプレーするイベントです。

Premier League’s Down’s Syndrome

イベント開始前には選手やコーチ全員でアニマルゲームをしながらウォーミングアップ。
その後、少年のチームはサッカーやテニスで試合。
そして、青年のグループではサッカーのトーナメントを行いました。

ウエスト・ブロムウィッチ・アルビオン財団のヘッドコーチであり共同主催者のアダムは以下のように述べています。
「私たちは2年連続でプレミア・リーグのダウン症サッカーフェスティバルが開催できたことを非常に誇りに思っています。
2012年のフェスティバルを開催した直後、
私たちはダウン症のある人々に素晴らしい機会を提供するため、DSActiveのサッカーチームをはじめました。
結果、チームの練習に多くの人が参加してくれ大成功でした。
現在、この活動がDSActiveプログラムにとって不可欠なものになれたことを嬉しく思います。」

ニュースソース:Premier League’s Down’s Syndrome Football Festival & Photos!

 



あわせて読みたい

  • サッカー、ライバルチームのファンが夢を叶える
  • ピュアにダンス、座・高円寺 ドキュメンタリー フェスティバルで上映決定
  • FCバルセロナのユニフォームをデザインしたダウン症者
  • ロサンゼルス・ダウン症協会(DSALA)が主催する第16回バディ・ウォーク&フェスティバル(11/14)
  • アラブのサッカー試合でダウン症啓発イベント開催
  • ▲先頭へ