第11回定期コンサート「新倉壮朗の世界」

Posted on 7月 21, 2012 by


いま全国各地で演奏を行っているタケオ。
その演奏、表現力は確実に進化していました。

パンフレットにあった菊池成孔さんのメッセージ

最初はギター田井中圭さんとマリンバ・タケオの即興。

映画タケオのDVD特典映像にあった野村誠さんとの即興のようになかなか興味深い展開。
一緒にいた息子(3歳8ヶ月)はその展開にビックリしていました。

続いて、ジャズサックス奏者の林栄一さんと野中正樹さん、
ドラマーの鷲頭誠さんとギター田井中圭さんとの即興。

映画タケオの監督である常田さんとも話したのですが、このセッションは鳥肌ものでした。

途中、渋さ知らズ 「ナーダム」のフレーズがサックスで流れてきてびっくり。
タケオのマリンバと、とても合うなと思いました。
ところが帰宅後、林栄一さんをネット検索してもう一度びっくり。
もともと林さんが「ナーダム」の作曲者で、その曲がのちに、渋さ知らズのレパートリーになったのですね。

後半の部にうつり、おなじみジャンベ仲間マライカとのジャンベ演奏は安定感たっぷり。
いつものように私は息子を抱き上げ、踊りました。

最後は全員集合のセッション。
アフリカンドラムとジャズの融合!
とてもいいライブでした!

しかし、すごいのは今年で11回目、10年目のタケオ定期コンサートだということ。
ジャンベ仲間もそうですが、周囲の協力があってこそのイベント。
それをマネージメントしているタケオママは本当にすごいなと思いました。

 



あわせて読みたい

  • ドキュメンタリー映画『タケオ ダウン症ドラマーの物語』(個人的映画評)
  • タッチで打楽器!スチールパン、スリットドラム、ジャンべ!
  • 映画「タケオ」のトークショー@横浜・あざみ野
  • [TV] ダウン症の結婚:日本でのケース
  • マレーシアのギター少年
  • ▲先頭へ