プホルスファミリー財団

Posted on 6月 1, 2012 by


メジャーリーガー、アルバート・プホルスが設立したプホルスファミリー財団。
今年の夏、ダウン症の子供を持つ家族をサポートするため、
テネシー州ナッシュビルでイベントを開催します。

プホルスファミリー財団はセントルイスを本拠地とし、その他3つの拠点を持っています。
ナッシュビルは新しい拠点の1つで、
その他は南カリフォルニアとカンザスシティーにあります。

財団ではダンスパーティーや父と子供の魚釣り大会などを企画・開催。
また、テネシー州中央部やアークデビッドソン郡のダウン症協会の活動をサポートしています。

テネシー州中央部のダウン症協会でプログラム・ディレクターをしているエリン・カイスは、
プホルスファミリー財団の支援活動は既になくてはならない存在になっていると言います。

エリン・カイスは言います。
「2年前からプホルスファミリー財団と共同で自転車訓練キャンプを実施しました。
今年も行う予定です。」
「去年は150人以上のダウン症者のダンスパーティーを開催しました。」

財団は地域プログラムと発展のため、エリン・ブルックスをマネージャーとして採用。
他のダウン症関連組織での実績を買われました。

ニュースソース:Pujols Family Foundation plans Down syndrome services for area

 



あわせて読みたい

  • ダウン症児を支援する偉大なメジャーリーガー
  • 米大リーグの本塁打競争で感動の光景
  • 1歳のエミリーとアート
  • 異なる能力を持つ子供たち向け”おもちゃ”ガイドブック
  • カレン・ガフニー財団
  • ▲先頭へ