アラブのサッカー試合でダウン症啓発イベント開催

Posted on 4月 9, 2012 by


ダウン症の子供たちへの啓発活動がUAE(アラブ首長国連邦)サッカーの会場で行なわれました。
「世界ダウン症の日」を記念した親善試合です。

ファハド王・スタジアムで行なわれる試合前の国旗掲揚式典で、
Voice Schools for Educationの学生とともにアル・ヒラル(Al-Hilal)、アル・ナスル(Al-Nasr)の選手も参加しました。

ハーフタイムでは参加したダウン症のある人がジャンプやジグザグ走行などの身体能力の高さを観客に見せ、偏見を払拭しました。

彼らを指導する体育教師アブドゥルは言います。
「(ダウン症のある人の生徒は)身体的、精神的ともに能力が高いですね。サッカーのほか、バスケ、体操も上手ですよ。」

ニュースソース:Children with Down syndrome showcase skills at Riyadh stadium

 



あわせて読みたい

  • サッカー、ライバルチームのファンが夢を叶える
  • 英プレミアリーグのダウン症サッカーフェスティバル
  • FCバルセロナのユニフォームをデザインしたダウン症のある人
  • リヴァプールFCのスターに股抜き
  • Youtubeで250万回の視聴回数を数えるタッチダウン
  • ▲先頭へ