娘のダウン症を受け入れた理由

Posted on 2月 20, 2012 by


ケレ・ハンプトンは二人目の赤ちゃんを妊娠中、障害のある子供が生まれることなど考えてもみませんでした。
彼女は人気のブロガーで、娘の誕生をブログに書きました。

私は娘を出産して数分後、(娘が)ダウン症であることを知りました。
娘を抱きながら泣き叫び、信じられない状態でした。
娘がまるで自分の子供ではないような気持にもなりました。
この瞬間の娘の顔は今でも忘れられません。
腕の中の娘を何度も見ているうちに、娘の声が聞こえてくるようでした。
『ママ、わたしを愛して。 お願いだからわたしを愛して。
ママの期待どおりじゃないかもしれないけど、わたしを愛してください』

ケレは美しい二人の女の子の母親です。
4歳のレイニー、2歳でダウン症のネラ。
今ではネラは一般的な2歳児と同じようになりました。
歩くことも話すこともできるようになったのです。

母ケレが娘のダウン症を受け入れるようになるまでは旅のようなものだったと語ります。
彼女は積極的に家族でダウン症について話してきました。
また、悲嘆に暮れた日のことを思い出します。
「下の娘が生まれた日は人生で最も悲しんだ日でした。
一晩中、悲嘆に暮れ、体に傷を負ったように泣き叫んでいました。」

その後、 彼女は二人の娘の強さを見ることで考えが変わりました。
「最初に強さを教えてくれたのはネラでした。
ネラが生まれて間もないのに私はクヨクヨしていました。
しかし、ネラはそんな私をよそに私を必要としていたのです。」
「また、当時2歳の娘レイニーは私に愛する方法を教えてくれました。
レイニーは生まれたばかりの妹がダウン症かどうかは関係なく愛していました。
それは純粋な愛だったのです。」

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player

ニュースソース:Living with Down Syndrome: A Mother’s Journey

 



あわせて読みたい

  • 娘が教えてくれた純粋な愛情
  • カナダの Hawrelak Parkで開かれたバディ・ウォーク
  • サプライズのタッチダウン!
  • 成人のダウン症のある人の教育ニーズに特化したNPO
  • 学校初日を笑顔で迎えた双子
  • ▲先頭へ