プラズマ・スクリーンでニューヨークデビュー!

Posted on 8月 17, 2011 by


オハイオ州・パルマ出身、5歳の男の子が、
ニューヨーク・タイムズスクエアの中心にある巨大なMTVプラズマ・スクリーンに映し出されます。

彼の名前はソーヤー・クラウズ。
彼の写真はダウン症のある人の価値向上や理解を深めるといったプロモーションに使われます。

ソーヤーの母はインターネットから息子の写真を応募しました。
「息子の写真が大画面に映し出されることに興奮しますし、名誉にも思います。」
「息子がダウン症のある人を代表する一人として選ばれたことは素直にうれしいです。」

今回の企画では全米ダウン症協会が
世界中のダウン症のある人の写真から200人を選びました。

ソーヤーの母は言います。
「全米ダウン症協会がタイムズスクエアにダウン症の天使たちの写真を流すという企画は素晴らしいと思います。」

写真は9月24日土曜日に流される20分程度の映像に収められます。
ちょうどその月はダウン症啓発月間。
ビデオが流されたあと、セントラルパークで17回目のバディウォークも開催されます。

ニュースソース:Parma boy’s photo to grace Times Square

手前味噌になりますが、
このビデオに私の息子の写真も一般公募で選ばれました。
上記の記事にありますが、誇らしく、興奮しました。
今回、1200人からの応募があったそうなので、倍率は6倍。
応募は全米ダウン症協会(NDSS)のサイトからインターネットで画像を1枚だけ応募。
募集期間は(確か)7月1日から7月15日まで、発表は当選者へメール通知が8月2日に行なわれました。
当選後、9月24日にニューヨークへ家族で行こうと考えましたが、
息子が片道13時間、機内での移動に耐えられるか、
また、映像だけを観るのであれば、1人あたり約6秒(20分で200人)未満でしょうから、
夫婦で仕事を休んで3泊5日で出張のような旅行ではコストパフォーマンスがあまりよくないなと断念しました。
本当はぜひビデオ放映後に行なわれるバディーウォークに参加したいのですが、
子供がまだ小さいため、もう少し大きくなって、機会があれば、せめて1週間くらいは滞在する計画で行こうということになりました。
今回のビデオ企画は2010年、2011年と2年連続で行なわれていますので、来年も開催されるかもしれません。
今回応募されなかった方は是非、来年応募してみてください!

■参考
2010年にタイムズスクエアで流されたビデオ映像

New York, NY

■追記(2011/09/26)
NY在住の方に息子がタイムズスクエアのモニタ表示された様子(画像)を送っていただきました。ありがとうございました。

 



あわせて読みたい

  • NYタイムズスクエアにあなたのお子様の写真が流れます! 2012
  • NYタイムズスクエアにあなたのお子様の写真を!2014
  • NYタイムズスクエアにあなたのお子様の写真を!2013
  • NYタイムズスクエアにあなたのお子様の写真を!2016
  • 世界中から参加可能な写真展
  • ▲先頭へ