特別な自転車で感覚を訓練

Posted on 7月 29, 2011 by


はじめて自転車に乗れた日の感動を覚えていますか?

多くのダウン症のある人は低緊張とバランス感覚が弱いため、
なかなか自転車に乗ることができません。

そこで、慈善団体「補助輪を外そう(Lose the Training Wheels)」はアメリカ中をまわり、
ダウン症の子供たちに特注の自転車で乗り方を教えています。

touring-program-helps-those-with-down-syndrome-ride-bikes-1

ダウン症のシェリダン・ハスキー(14歳)は何度も自転車の運転に挑戦しましたがうまくできるようになりませんでした。
自転車に乗る挑戦はいつも涙で終わっていました。
彼女の母親は言います。
「娘は自転車に乗ってもほとんど前に進めないので、とてもイライラしてました。」

今週、シェリダンは地元で「補助輪を外そう(Lose the Training Wheels)」の会に参加しました。
この会では病院関係者も同行し、
ダウン症の子供から大人までを対象に自転車の乗り方を教えています。

クリニックは国を旅行します。
そして、ダウン症候群で子供たちと大人に自転車に乗ることを教えます。
他の挑戦をもつ一部の子供たちは、同様に含まれます。

「補助輪を外そう(Lose the Training Wheels)」の会のジェニファー・ミーンズは言います。
「ダウン症のある人はバランス感覚と(二つ以上の動作を一緒に行う)協調運動に問題があり、
その影響で自転車に乗ることを難しいです。」
「しかし、簡単に乗れるようにデザインされた自転車で訓練をすることで、
自転車に乗る感覚を得ることができます。」

touring-program-helps-those-with-down-syndrome-ride-bikes-2

その特別なデザインの自転車は、
安定するようにシリンダーが付いています。
運転する人のバランスが安定することで、
前へ進む感覚を簡単に得ることができます。

その会のボランティアは参加者のシェリダンには言います。
「シェリダン、いいかい。いまこのコースの最終段階まできてるよ!」

ボランティアによる約4時間の訓練後、
シェリダンは普通の自転車に乗る準備ができました。
そして、彼女は自転車を漕ぎます。

ボランティアは言います。
「彼女の自転車は止まりませんでした!
乗り方の要領を得たようです。」

最後にシェリダンは言いました。
「すごい!」
「本当に楽しい一日を過ごせました!」

※開始前に15秒のCMが入ります。

ニュースソース:Touring program helps those with Down syndrome ride bikes

アーリントン, バージニア
 



あわせて読みたい

  • 妄想世界旅行!「世界ダウン症の日」特別サイト2015
  • 純愛が実るとき:二人の幸せな結婚
  • サイクルセラピーとQOLの向上
  • 歌手シェリル・クロウがダウン症啓発イベントに参加
  • 運転免許取得は自由になること
  • ▲先頭へ